2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.07 (Fri)

SMKでの軌跡

少し今更感もあるのですが、SMKに入会してから2周年を迎えたので、これを機に少し振り返ってみようと思います。私が入会したのが、一昨年の夏。当時は最高R1342で、だいたいR1250前後の実力だったと思います。順位戦からの参加でB1に入れてもらうことになりました。初参戦は4勝5敗と苦戦しましたが、よく戦ったほうだと思います。その後のトーナメント棋戦も苦戦続き、ようやく少しは戦えるかな、と手ごたえを感じ始めたのは、2期目の順位戦辺りからでしょうか。最終的に白星が先行するようになったのは、卒業後のR1600台に乗せてから。そういう意味ではとても苦しめられたなあという感じがします。何とか一度でもタイトルが取れてよかったなと思います。初杯は欲しかったですけれども。今まで大変お世話になったSMKですが、今後は少し距離を置いていこうと思います。みなさま、今までありがとうございました。
スポンサーサイト
21:00  |  SMK  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.19 (Tue)

SMK-STD交流戦

5月16日(土)、STDさんとの交流戦がありました。今回は2番手として出場させてもらうことになりました。前日、1局が行われ、SMKの0勝1敗。また例によって、勝敗はあまり気にしないながらも、負けるわけにも行かないという対局です。



終盤は大逆転負けを喫してもおかしくないことになっていましたが、何とか踏みとどまったようで、対戦成績は五分に戻せました。ぴよりんさん、ありがとうございました。そして、そのあと2勝2敗で迎えた最後の大将戦、まさよしさんが見事に勝利されて、SMKの3勝2敗で幕を閉じました。参加してくださった皆様、観戦に来てくださった皆様、ありがとうございました。ちなみに、1点だけぴよーんグラフ(激指六段解析グラフ)を追記に張ってみます。笑えます。
00:30  |  SMK  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.08 (Fri)

SMK第12回王将戦3回戦

5月7日(木)、王将戦の3回戦がありました。お相手はbrianstime88さん。過去1敗。前回は相掛かりの戦いから、必勝の局面まで行っておきながら(3手詰みまであった)大逆転負け。今回は何も考えずに対局に臨みました。



後手を引いたので、いきなり角交換もあるのかなと思いました。避けるなら、△8四歩から居飛車という手段もあったのですが、△3四歩と突いてやはり角交換に。一度試してみたかった相振り模様の戦いにしていましたが、結果は惨敗でした。途中で間違えてたいそう詰まらない将棋にしてしまったのが悔やまれます。これでSMKとは完全にさようなら、ということになりました。近いうちに振り返ってみようと思います。brianstime88さん、観戦のみなさま、ありがとうございました。

そのあと、Rを取り戻そうと、ほぼ半年ぶりぐらいに東京道場でR戦を6戦(俗に暴れるって言うの?)。中飛車が3戦全敗。その他は、角交換向かい飛車、対振り右四間飛車、石田本組は快勝。ちょっと中飛車の修行をしないと使い物にならないかも知れません。
23:00  |  SMK  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.24 (Fri)

SMK第12回王将戦2回戦

4月23日(木)、王将戦の2回戦がありました。お相手はThesedays-Alwaysさん。初手合いです。後手番が決まっていたので、4手目△3三角戦法にしようと思っていました。



4手目は想定通りだったのですが、角道を止められて持久戦模様に。そこで、最近お気に入りの5筋位取り中飛車へ。居飛車穴熊との対戦は結構久しぶりでした。早指しにしては、まずまずうまく指せたのではないかと思います。Thesedays-Alwaysさん、観戦のみなさま、ありがとうございました。
01:30  |  SMK  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.20 (Mon)

SMK第14期棋聖戦決勝

4月19日(日)、棋聖戦の決勝戦がありました。二段昇段をかけた一局でもあります。お相手はtaka-cさん。4度目の対戦で、過去3勝。戦型はメリケン向かい飛車→相矢倉→5筋位取り中飛車でした。一応、四間飛車か角換わりの予定だったのですが、いまいち自信が持てず、先手なら中飛車、後手なら三間飛車にしようと対局前に決めました。



後手番だったので、2手目△3二飛戦法から升田式石田流へ。私がわりとよくやる飛車ぶつけの変化へ。35手目までは部分的にはよくある形なので、ここからの10数手が勝敗を決めたように思います。飛車切りがびっくりしましたが、残念ながら無理だったようで、コビン攻めを切らせて勝ちになりました。初の決勝で、念願の初タイトルを獲得することが出来ました。そしてついに二段に。振り返ってみると、demon kunさん戦の大逆転が一番印象的でした。taka-cさん、観戦のみなさま、ありがとうございました。
21:00  |  SMK  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。