2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.26 (Thu)

宮田新手▲3五歩の仕掛け(その1)

yagura_kyusyo最近、みんなあんまりブログにコメントくれなくて寂しいのお。特に3HKの部長さん、見かけなくなったので、寂しくて仕方ありません。元気ですかー??

ところで、ここ数日、森内先生の『矢倉の急所』を眺めているのですが、図の局面(p.97のC図)の形勢判断が腑に落ちません。この局面、「後手が攻めを続けるのは難しい。以下うんぬんかんぬん」と書いていて、この変化を切り捨てて、本手順も先手よしとの結論。とは言うのですが、先手を持たされると自信が全然ありません。手番が先手なら、桂取って、▲2三歩~▲3五桂とかいろいろやりたい手がありますが、生憎ここは後手の番。△7五歩▲同銀△7七歩▲同桂△7六歩or△8六歩とか、ごちゃごちゃやられて正確に指せる気がしないです。後手の持ち歩が豊富で、いろいろ手段がありそうに思うのですが、実際のところどうなんでしょうね。激指も無双もここは後手優勢評価で、無双五段+++同士でもここから後手の勝ち、激指六段++同士でもここから後手の勝ちになりました。自分で指す場合も、後手を持ちたい気がしますね。

定跡書に書いてあるプロの形勢判断って、間違っている場合もあるし、正しいとしてもアマチュアに取って何の役にも立たないことも多いです。できれば、具体的な手順例を示して欲しいものですね。

それから、いわゆる宮田新手の後の▲3五歩からの仕掛けですが、あれはとてもアマチュア向けとは思えない定跡と感じます。迫力ある攻めではありますが、あまりにもぎりぎり過ぎる。一手でも間違えれば、即敗勢になってしまうようなそんな攻めのような気がします。私の攻めがへぼっちいだけなのかも知れないですけれど・・・
スポンサーサイト
02:00  |  定跡のメモ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.10 (Tue)

横歩取り△4五角戦法(その1)

yokohu45_1先日、ikkouexさんと横歩取り△4五角を指す機会があったので、定跡をメモしておくことにします。その2以降は、たぶん無いものと思われます(笑)。

後手が横歩取り△4五角戦法に来た局面。次は、▲2四飛△2三歩の交換を入れてから、▲7七角とするのが本筋だった。ついうっかり忘れていた。単に▲7七角もなくもないけれど、後手を歩切れにさせるメリットが勝る感じ?
21:00  |  定跡のメモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。