2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.03 (Sun)

味夏のちょっと余計なお世話

たくさんの方にご参加いただいた、まさよし杯。参加者の皆様ありがとうございます。駒落ち対局も含めた経緯などについて、ちょっと私の思いを書かせていただきたいと思います。

最近は、ネット将棋などでいくらでも棋力の近い方と対戦できる機会に恵まれ、道場通いなどをしなければあまり駒落ち対局などをする機会が少ない時代だと思います。駒落ちはハンデキャップ戦。R差数百程度ならば、たとえ平手でもR下位側に十分勝つチャンスがあると思います。そうである以上、駒を落としてもらうぐらいなら、負けてもともと平手で挑戦してみたい、そういう考えはもちろんあると思います。また駒落ち下手で負けることは、平手で負けるよりもかなり精神的に辛いものがあります。

しかし適切な手合で駒落ち対局を行えば、上手も下手も勝つ確率は五分五分で、ぎりぎりの勝負を楽しめるという大きな利点があります。下手は上手の少ない駒を限界まで働かせる勝負術に苦労するだろうし、上手は上手で多少技量で上回っているとはいえ、やはり最善を尽くさないととても勝てません。そういう勝負を楽しむのも一興だと思うのです。もちろん平手対局を否定するわけではないですが、やはり明確な実力差があると初めからお互い「負けられない」という意識が少し低下してしまうと思うのです。負けて元々、大ポカをしなければ勝つだろう、という状態より、最善を尽くさないと勝てないというギリギリの勝負を楽しでいただけたらなと思っています。
スポンサーサイト
10:00  |  駒落ちメモ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.28 (Sat)

駒落ちメモ(角落ち編)

まだ初めて間もない角落ち戦なのですが、思ったよりも勝てます。矢倉で攻めあいを勉強しようと思い、定跡書3冊を読んで、東大定跡道場@上級とも練習将棋を指してと、入念な準備をしたのに、激指は初手△6二銀が大好きです。詰まんないなあ(笑)。別にそれでも矢倉にすればいいのだけど。そんなわけで、前回に続き角落ちの定跡と戦い方についての備忘録です。飛車落ちはコチラ→クリック!
00:30  |  駒落ちメモ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.27 (Fri)

飛車落ち居飛車引き角戦法のススメ

前回の飛香落ち▲1七桂戦法に続き、好評の(?)連載2回目です。今回は飛車落ちの定跡を紹介します。飛車落ち下手の代表的な戦法は、悪名高き右四間飛車戦法と居飛車引き角戦法が有名です。いろいろ駒落ち本を読むにつけ、右四間は相当に勉強を積めば、ものすごく素晴らしい定跡である、ということもだんだん分かっては来たのですが、やはり難しいことは否めない。そこで、今回は居飛車引き角戦法を紹介します。題して、飛車落ちには角交換を狙え!そして角を捨てて飛車を成り込め!です。これは自分用の備忘録ではありますが、飛車落ちを嗜まれている方の参考にもなれば幸いです。以下、超長文注意!
02:00  |  駒落ちメモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.11 (Wed)

飛香落ち▲1七桂戦法のススメ

最近の私の重大テーマのひとつ、飛香落ち下手なのですが、ようやく激指@五段相手に二度目の3連勝を果たした。前回はオール振飛車だったが、今回はすべて居飛車系統の将棋で、しかも3局とも圧勝。この結果を受けて、振飛車は優秀ではあるが、下手が勝ちきるまでは大変であるという結論に至った。そもそも振飛車にすると、飛香落ちと飛車落ちの差がなくなってしまうというデメリットも大きく、飛香落ちの端という弱点をきちっと咎めるような指し方のほうが、はるかに勝ちやすい感じもする。というわけで、今日は少し気合を入れて、▲1七桂戦法の定跡を調べてみた。ほとんどは自分用の備忘録ではあるが、飛香落ちを嗜まれている方の参考にもなれば幸いです。以下、超長文注意!
22:30  |  駒落ちメモ  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.07 (Sat)

駒落ちのレーティング差

hikyo5私の3連勝を賭けた一番で、激指君はまた喧嘩を売ってきました。どう考えたって、これは無理攻めです。上手の銀も使いにくいし、こんな攻めで普通なんとかなる分けありません、きっと。▲6八金~▲1五歩~▲3八銀~▲2六歩~▲2七銀~▲3八金と万全の準備をしてから、桂馬を捕獲に行きました。なのに、完敗でした。これでもかというぐらい慎重に指したはずなのに、潰されました。悔しすぎます。これが激指の強さであり、私の弱さなんでしょうね。はぁ。先は長い。

またちょっとマニアックな記事を書きました。続きは【Read More・・・】をプチッとよろしく。
01:00  |  駒落ちメモ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。