2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.01 (Wed)

必至基本問題集をやってみた

必至基本問題集必至基本問題集
(2010/06/24)
武市 三郎

商品詳細を見る


前々からやろうと思っていた必至基本問題集をやってみようと思い買ってみた。武市先生は、昔NHKのこれなら実力初段を連載されていた頃からのファンで、武市先生の必至問題は大好きです。他に内藤先生、佐藤大五郎先生の必至問題も個人的には気に入っています。それから金子さんですね。内容は1手必至10問、3手必至40問、5手必至が66問の合計116問。なかなか難しく、解き応えがありました。何となくの感覚なのですが、3手必至も問題によっては5手必至より難しい問題も多く、必至は詰め将棋と違って手数ではないなあ、と思いました。さすがに1手必至は詰めろを探すだけなので幾分ましですけれど。半分解くのに2日、残り半分も2日ぐらいかかりました。有段者にもお薦めという感じです。ちなみに私の感覚だと、☆三つも☆二つも難易度が変わらなかった気がします。今度は復習でタイムアタックをやってみようと思います。ちなみに『脳トレ9手詰』は最速7分46秒。6巡目ぐらいでの記録です。一度解いた問題集を、後で早解きで何度もやってみるというのはなかなかよい勉強法じゃないかなと個人的には思っています。

追記はネタバレ注意。
スポンサーサイト
00:00  |  将棋本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.13 (Fri)

脳トレ9手詰をやってみた

脳トレ9手詰脳トレ9手詰
(2010/07/28)
北浜 健介

商品詳細を見る


先日仕事の帰りに本屋に寄ってみたら、北浜先生の『脳トレ9手詰』が置いてあった。ので、買ってみた。9手詰が100問載っている詰将棋集なのだが、なかなかさくさく解ける9手詰めを集めていて好感がもてる作品。前作の『脳トレ7手詰』も悪い作品集ではないと思うのだが、いかんせん易しすぎ+100問というのはコストパフォーマンス的にどうかと思っていたが、今回はそれなりに楽しめると思います。全部解くのに、約1時間×6日ぐらいかかりました。序盤は本当に誰でも解ける9手詰めで、一桁最長手数である9手を手軽に楽しめるという意味でかなりお薦めです。後半は24の初段前後でも十分楽しめると思います。かといって難しいわけでもなくて、5分前後で解ける作品が多いです。高段者だと物足りなさ過ぎると思いますが、早解きの練習にはちょうどよいのかも知れません。というわけで、かなり広い層にお薦めできる作品集と思いました。欲を言えば、脳トレ7手と脳トレ9手を合体させて200問を1000円ぐらいで売ってくれるとお買い得でいいと思うんですけどね。
12:00  |  将棋本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2010.05.09 (Sun)

寄せの手筋200

寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
(2010/04)
金子 タカシ

商品詳細を見る

買ったら負けだ、と思ってたのですが(今年はなるべく棋書を買わないでおこうと思ってました)、負けてしまいました。ついでに佐藤本も購入。将棋やれるほど余裕もないんですが。志士さんブログで結果報告せよ、と書かれてたのでとりあえずメモをば。
22:00  |  将棋本  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.20 (Mon)

森下の四間飛車破り

アマゾンで画像がないので、こちら(棋書解説評価委員会)を参考にしてください。この本は森下先生の平成7年末ぐらいまでの対四間飛車の全局を載せた実戦棋譜集です。ネットでの評判はなかなか高い絶版書なので、だいたい4,000円前後で中古販売されています。80局中居飛車側が負けているのは13局で、67勝13敗のなんと勝率8割3分8厘。まさに四間飛車破りの名に恥じない成績だと思います。

私は振り飛車党なので、本当は四間飛車側が勝つ将棋ももっと多いほうがいいのですが、古き良き?時代の四間飛車対抗形はやはり将棋の基本だとも思えるので、居飛車視点の本ではありますが、これで勉強してみようと思います。ちなみに当時はまだ藤井システムはありません。しばらく茜姫=だいごろう君と続けていた棋譜並べ企画ですが、今度はこの森下の四間飛車破りを題材にまた復活させてみようと思います。ブラさんもきっと参加してくれるはず^ ^。というわけで、棋譜並べ、やろうと思ってもなかなか出来ないという方、せっかくなので一緒にやってみませんか?前回の反省を活かして、週に2局に減らそうと思います。
22:30  |  将棋本  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.29 (Mon)

脳トレ7手詰をやってみた

脳トレ7手詰脳トレ7手詰
(2009/06/24)
北浜 健介

商品詳細を見る


先日仕事の帰りに本屋に寄ってみたら、北浜先生の処女作『脳トレ7手詰』が置いてあった。ので、買ってみた。7手詰が100問載っている詰将棋集なのだが、これがとても簡単。前半50問は十分あれば解けるぐらい易しい。食事に寄ったお店で、料理が出てくるまでに終わってしまった。後半50問はそこそこ。難易度的には、後半が内藤先生の『のびのびしみじみ7手詰』クラスかなと思う。詰将棋がそんなに得意でない人でも2時間あったら解き終わりそうな感じがする、少々残念な作品。これが200問ぐらいになれば、多少はましになると思うのだが・・・。ただし、詰将棋の初心者にはお勧めかも知れない。おそらく浦野先生の『5手詰ハンドブック』(赤本)より若干易しめなぐらいと思います。コストパフォーマンスは相当悪いので、ある程度以上の方は、本屋で立ち読みしちゃうといいと思います。北浜先生ごめんなさい。ただし、最後の問題は確かに私もいい問題だと思いました。
21:30  |  将棋本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。