2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.28 (Sat)

3MKアクティブ会員RランキングTOP20 [2009/02/28付]

最近、すっかりブログを放ったらかしにしてしまっていました。というわけで、1日遅れになってしまい恐縮ですが、今週のランキングを発表します。3MKの会員名簿も復活したようで、喜ばしいですね。これからまた活気が出てくると楽しいです。
スポンサーサイト
01:30  |  3MKランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.20 (Fri)

3MKアクティブ会員RランキングTOP20 [2009/02/20付]

後手一手損角換わりに対して、先手は端歩を突きこしても右玉にしない展開が増えてきた感じがある今日この頃。王将戦第4戦は羽生名人の完勝でまた振り出しですね。この二人の対局は、個人的には羽生名人を応援したくなるんですが、番勝負はいつも白熱してとても面白いです。残り3戦が注目です。さて、今週のランキングです。
00:00  |  3MKランキング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.19 (Thu)

またまた久しぶりの初段復帰

去年の11月に復帰したものの、すぐにまた級に送り返されてしまい、そのまま放置してあった秘密の場所にて、ようやくまたまた初段に復帰。24でも指せばいいのですが、こちらはもう少し力がついてきたのを実感してからにしたいと思います。ただ、今回はほとんど居飛車中心で戦っているので、それがちょっとだけ成長したところかな、とも思います。3HKの副部長がこんなことをしているのもあれなんですが、対位取り中飛車に対して△7四銀型の急戦を仕掛けてみました。こういうゴキゲンみたいな中飛車は大抵、角の頭を放置プレイしてくるので、意外に面白いなと思いました。激指@五段解析してみたら、疑問手、悪手が0。これは結構な快挙かも知れません。それと同時に、棋譜解析の精度に少々疑問符がつく今日この頃。案外、ソフトはあてになるようでならないのかも。

23:30  |  秘密の場所  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.18 (Wed)

棋書の話

相当の将棋ファンで、しかも居飛車党の方にしか通用しない話のような気もするのですが、最近、『新版 角換わり腰掛け銀研究』(島朗著)、『矢倉3七銀分析』(森内俊之著)、『森下の矢倉』、『現代矢倉の思想』、『現代矢倉の闘い』(三つとも森下卓著)、『光速の寄せ3』、『光速の寄せ4』(谷川浩司著)を手に入れました。手に入れたというのは、少し嘘があるのですけれど。
21:30  |  将棋本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.18 (Wed)

師匠@永世21位元棋聖vs鯖王@王将

3MK棋戦3度すっぽかし(故意じゃないけど)という失態を犯してしまった師匠の罪を償う奉仕活動として、突然、鯖王@王将との対決が決定いたしました。

----------- ----------- -----------
とき:2月22日(日)
じかん:22時
ばしょ:たぶん大阪道場R室
てあい:平手
そにつく師匠vsこうき王将
----------- ----------- -----------

師匠がぜひとも大々的に宣伝して欲しい、との意向だったので、みなさんふるって観戦にご参加くださいませ。最近は振り飛車8割とのうわさ(自称かも)の王将に対して、師匠の対振り急戦か、あるいは左美濃か。またこの戦いは31点をかけたいわゆる狩りでもあります。果たして結果やいかに。乞うご期待。

おまけ。味夏@M杯vs前々杯の矢倉戦が、ひっそりと前日の土曜日に行われる予定。99%私に勝ち目はないですが、いい将棋が指せればいいなと思います。場所、時間は未定だけど、東京@21時辺りが濃厚。
02:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.13 (Fri)

フラ盤の最新バージョンとか、3HKとか

最近、部長さんが非アクティブなのがとっても気になります。というわけで、久しぶりに【らぶボード2】を使って、部員筆頭さんの華麗なる三間飛車石田流の捌きをごらんに入れたいと思います。ちなみに志士さんのブログを見て気づいたのですが、フラ盤が最新のバージョン0.71にアップグレードしました。そしてついに分岐棋譜に対応した模様です。下でちょっとだけ実験してます。分岐棋譜を作るのは少し面倒ですが。なお、ダウンロードはこちらから。

01:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.13 (Fri)

3MKアクティブ会員RランキングTOP20 [2009/02/13付]

またしても深浦王位に苦戦の羽生名人ですが、果たして王将戦のゆくえはどうなりますか。棋王戦のゆくえも気になる今日この頃です。2月終わり~3月の頭は順位戦最終局もあって、ファンにとっては忙しいですね。それでは、今週のランキングです。
00:00  |  3MKランキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.11 (Wed)

指定局面戦@矢倉(その10)

自分でも驚きの結末を迎えました。矢倉指定局面戦第1ラウンドいきなり終了。今回は後手番で激指@五段戦です。前回の記事はこちら

激指はまた▲6六角と打つ変化をやってきました。前回の私の勝利に懲りてか、桂馬を打ってきました。その後は難しい戦いへ。ただ、後手からがんがん攻めることができたので、これは後手にとってよい変化なのかも知れません。最後はほぼ勝ちを確信していたものの、やや疑心暗鬼になっておどろおどろしく指していました。結局、後手番でも五段に一発勝利。五段には負けなしの二連勝です。何が起こっているのか自分でもよく分からないのですが、もしかしたら覚醒してしまったかも知れないです。あるいはミラクルラッキーモード突入?



これで人生三度目の対五段勝利です^^。しばらく間をおいてから、次は▲3五歩の仕掛けをやってみたなと思います。
20:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.11 (Wed)

指定局面戦@矢倉(その9)

しつっこくて恐縮ですが、矢倉指定局面戦まだまだ行きます。今回はついに激指@五段戦です。私の先手番にて。前回の記事はこちら

先手有望と書かれているものの、その後の攻めがいまいちよく分からず、前回は四段にフルボッコにされた変化に。前回も少しは読んだものの、無理気味かと思って見送った変化をやってみました。これがいい意味で予想を裏切ってくれたようで、がんがん攻めまくって五段を圧倒しました。勝つまでにいったいどれだけ負けるのやらと心配していたのが嘘のようで、五段戦初挑戦で初勝利です。ちょっとやばいです。何だか強くなっちゃったかも?



ちなみに激指五段に平手で勝ったのは、これが人生二度目(ただし、今回は定跡の指定局面からの対局ですが)。前回は石田流でこんな感じで勝った将棋でした。
03:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

指定局面戦@矢倉(その8)

まだまだ行きますよ~。今回も激指@四段戦。後手番にて。結果は1勝2敗でした。前回の記事はこちら

1局目は、前回まさよしさんに相談したときに出た変化に。△5五桂と打ってみました。そこそこ戦える感じでした。チャンスはあったものの、残念ながら逃して負けに。同じ変化で修正手順にしたのが、3局目の勝利局。しかしながら、ぎりぎりもいいところでした。2局目はやや先手不満といわれている変化なのですが、指し方がわからず完敗。森内羽生の名人戦でも似たような将棋がありましたが。これは少し指し方を勉強する必要がありそうです。結局、三段戦は先後合わせて2勝2敗、四段戦は2勝3敗で切り抜けました。上出来です。次からいよいよラスボスの五段登場です。連敗は果たしていくつで止まりますやら。

21:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.09 (Mon)

指定局面戦@矢倉(その7)

相変わらず、こつこつやっています。今回は激指@四段戦。先手番にて。結果は1勝1敗でした。前回の記事はこちら

1局目は、定跡道場では先手有望と書かれている局面。しかし銀を受けられて、飛車にも当たっていて忙しい。結局どう指していいか分からず、完敗。2局目は、何度かやっている変化に。そこそこうまく指しているのかな、と思ったのだけれど、激指の受けにてこずって、逆転されたのかと思った。最後は△3二飛と取っても▲2二金以下詰み。ただ、完全に読みきった分けでもなくて、投了してくれて助かったという感じでした。薄氷の勝利という気分でしたが、この将棋は大差で勝てるチャンスもあったような気がしました。ミスも多かったかも知れません。

23:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.08 (Sun)

指定局面戦@矢倉(その6)

いよいよ本番です。今回は激指@三段に後手で挑戦。2敗したあと、一発入りました。前回の記事はこちら

1局目は、非常にうまく攻めて、あと一歩で勝ちという局面まで行っていたのだけれど、好手を発見できず敗退。間違ったところから、六段相手にやり直して勝利したので、そこまではうまく指せていたと思います。2局目と3局目は前回うまく行ったと思った変化だったのだけれど、激指の反撃が猛烈。2局目はいいところなく完敗でした。3局目もまた負けると思って指していましたが、詰めろっぽい手をかけて下駄を預けたところ、激指は必至をかけてきたため、詰ませて勝ち。逆転勝ちかなあと思っていましたが、そこそこいい勝負だったのかも知れません。次からいよいよ四段戦。何連敗しますやら。

18:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.07 (Sat)

R狩り

最近、「狩り」のおいしさに気づいた。そこで、「狩り」をgooの辞書で引いてみた。

(1)野生の鳥や獣をとること。猟(りよう)。狩猟。[季]冬。
(2)犯罪者などを捜索し、つかまえること。「暴力団―」「山―」
(3)自然の中に分け入って、野草や貝などをとったり、花やもみじを観賞したりすること。

と書いてある。ドラクエ知らない人には通じないネタだが、はぐれメタルを大量にやっつけることも「狩り」という。

hagurin

将棋クラブ24で、自分より遥かにRの高い人に挑むことも、「狩り」と呼ばれている。通常は嫌われる行為だから推奨されない。何となくだが、“狩る”ほうにはリスクが少なくて、“狩られる”ほうにはリスクが甚大であるように思う。はぐれメタルのそれは知らないけれど。

「狩り」に成功すると、大量の経験値が手に入る。逃がしても失うものはない。レベル上げにはもってこいなのがはぐれメタルなのである。

自分よりRが350上の相手に挑戦する。1勝9敗なら、Rは12上がる。自分よりもRが400下の相手に10戦10勝する。Rは10上がる。ゆえにRを上げるには、はぐれメタルを倒すのがよい。スライムを倒していてもレベルは上がらない。

はぐれメタルは出現率が低いのを忘れてはならない。そしてなかなか倒せないのも忘れてはいけない。ただ、ただ、倒せる時を待って「狩り」に励むことが肝要だ。
21:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.06 (Fri)

指定局面戦@矢倉(その5)

なんだか順調な矢倉指定局面戦、今回は激指@三段がお相手です。前回の記事はこちら

二段戦と同様の変化に。正直、△8六歩ではなくて、△7三角の変化をやって欲しいのだけれど、贅沢は言わないでおきます。64手目△4四角。いったん引いた角を再び出てくるあたり、さすがソフト。構想も何もあったものではないです。何となく、ちょっと前に並べた渡辺森下戦を思い出しながら指しました。途中から一方的に攻めまくって快勝。指しているときは、そんな余裕は微塵もありませんでしたが。これで何と三段相手にも一発で勝ってしまい、目下5連勝中です。案外、矢倉の才能あるのかも、とうぬぼれてみたり。

20:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.06 (Fri)

3MKアクティブ会員RランキングTOP20 [2009/02/06付]

棋王戦の開幕が近づいています。久々に純粋振り飛車党のタイトル挑戦が見られるので、嬉しいです。佐藤九段になっちゃうのも悲しいですが、久保さんの悲願の初タイトルも見てみたいですね。王将戦ともども楽しみです。さて、今週のランキングには大きな動きがありました。
00:30  |  3MKランキング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.05 (Thu)

指定局面戦@矢倉(その4)

今回は激指@二段にバージョンアップ。先手と後手でそれぞれ1局ずつ指して、なんと望外の連勝。前回の記事はこちら

1局目は、非常に苦しい将棋だった。54手目は分岐点。単に△7三角と引くバージョンもある。飛車先を切ってきたので、羽生森内戦(H16の王将戦)のように進めてみた(前回は▲5七角を知らなかった)。64手目は王将戦では△5五歩だったが、ここで別れを告げることに。そのすぐ後に、△4七銀をうっかりしていて、苦戦の始まりになった気がする。とはいえ、案外勝てるものだなあ、というのが率直な感想でした。2局目は後手番。激指はやや損(?)と言われる▲6四銀をやってきた。66手目はよく分からない。銀を絡めて行ったら、いきなり勝勢になった。こちらは快勝。時間無制限とはいえ、慣れない矢倉で、しかも二段相手に2連勝できたことは素直に嬉しい。少しは成長したかな、と思う。


23:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.05 (Thu)

3MK第20回名人戦B級5回戦

2月4日(水)、名人戦の5回戦がありました。お相手はar13400さん。初手合いです。先後、相手の出方次第なところもありますが、石田流か角交換振り飛車を目指そうと思っていました。



先手番だったので、石田流に。対右四間の速攻型との対戦になりました。序盤はやや作戦負け。そのあと後手の無理攻めがあって、優勢になったものの、受けていればいいところを放置したため、少し怪しくなりました。そのあと再び優勢になったのが、▲7一角がまさに大ポカ。指した後に青ざめました。そのあとは暴走して負けに。負けてもいい内容の将棋が指せたら、と思っていたのですが、内容はぼろぼろで結果も負けというかなり辛い結果に。もっと集中しないといけないな、と感じさせられた一局でした。ar13400さん、観戦くださいましたみなさま、特にのくりあ名人、ありがとうございました。
21:00  |  3MK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.03 (Tue)

指定局面戦@矢倉(その3)

先日に引き続き、矢倉指定局面戦をやってみました。今回は激指@初段に先手もってもらいました。前回の記事はこちら

会心の差し回しで、無事初対戦初勝利をあげました。特に86手目△7六飛は自慢の一手。矢倉でも、時間無制限なら、初段相手にはそこそこ戦えそうです。ちなみに激指の指した53手目の▲4六角は定跡の一手だけれども、森内本(矢倉の急所p.84)によると、いまいちはっきりしない、とのこと。▲4六歩の方が本筋のようです。

01:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.02 (Mon)

3MK第20回名人戦B級4回戦

1月29日(木)、名人戦の4回戦がありました。お相手はnocriaさん。過去3勝。三間飛車で対振り右玉との対戦がひとつ、角換わり相右玉がひとつ、角交換向かい飛車がひとつです。今回は対振り右玉をしにくいような三間飛車をやってみようと考えていました。



ふたを開けてみれば、棒金にまさに完敗。何にもできずに敗れてしまいました。この居玉+角道クローズド+棒金はなんだか石田流の天敵のように思いました。かなりうまい構想を立てないと、捌けるまでには難儀しそうだな、という感じでした。nocriaさん、観戦くださいました皆様、ありがとうございました。
23:30  |  3MK  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.01 (Sun)

指定局面戦@矢倉(その2)

今年は矢倉を勉強するぞ宣言をしておきながら、しばらく放ったらかしにしていましたが、いよいよ気合を入れて始めることにしました。前回の記事はこちら

まずは対初段先手番から。うろ覚えの定跡で突っ込みましたが、いきなりミスをして初戦敗退。2戦目はまずまずの戦いだったか。2戦目は59手目▲5七角とするのが定跡手のようです。以下の狙いは▲5六銀~▲6六角。この形は、このラインに角を持っていくのがひとつの理想形だそうです。森内本(矢倉の急所p.84)。そういえば、羽生森内戦がそんな感じでしたか。またもう一度並べねばなりません。

マルチで2局とも張りました。矢倉初心者なので、助言とか指導してもらえると嬉しいです。

22:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.01 (Sun)

激指8vs無双

前々から少しだけやってみたかった、ソフト同士の対決をやってみました。近いうちにAI将棋16にもやってもらおうと思っています。今回はおそらく自分と近いぐらいのレベルであろうソフト初段設定にて。

激指8初段対無双初段の結果は先後5番ずつ指して、無双の8勝2敗でした。無双の負けた2番は、ひとつは激指の居飛車急戦に一気に持っていかれたもの、もうひとつは角換わりで右玉にしたものの薄くて戦い切れなかった敗戦。他はほとんど無双の圧勝でした。

眺めていて感じたのは、無双の序盤感覚の良さと粘り強さ。他方、激指8は大幅に序盤を強化したといわれているものの、ひどい限りで、追記にひとつだけ棋譜を張りますが、定跡を外れた居飛車急戦の指し方は見るも無残なものです。対抗形で、急戦をしないで持久戦にこだわるような定跡選択をさせるのはこれが原因なのかも知れない。しかし、それにしてもすさまじい手損にはびっくりでした。

駒落ちがへたくそなのも仕方ないのかな、と思います。駒がぶつかってからは確かに強いのですが、そこまではどう指したらよいのかさっぱり分かっていない、という印象ですね。定跡である程度ごまかしてはいますが。それと比べて、本当に無双は筋がいいなと思います。
13:00  |  激指8  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。