2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.06 (Tue)

激指駒落ち戦(4週目)

今週も飛香でスタート。連敗スタートだったが、そのあと初めての連勝。負けた将棋は素直に脱帽でしたが、勝ったのはなかなか内容がよかった。二局ともこちらから攻め勝ったという感じなので、そこそこ自信になる。ちょっと中だるみというか毎日対局できなかったので、今週の星は●●○○の4局でした。一応指し分けです。最後の勝利局は、仕掛けたときに既に持ち時間がなくなっていて、ずっと秒読み。時間制限は外したほうがいいのかなあ。これで飛香落ち通算6勝11敗(.353)。1勝2敗ぐらいのペースになってきた。

【More・・・】



4月28日:飛香落ち戦、●
下手四間飛車。上手は美濃→高美濃→矢倉→穴熊と組み替えてきた。まさか駒落ち上手に穴熊されるとは!千日手模様になって打開を試みるが、かなり損をして攻められる展開に。上手玉に上から迫ったつもりだったが、銀が質になっていたりといいように転がされてしまった感じ。

4月29日:飛香落ち戦、●
一度やってみたかった下手5筋位取り中飛車。あとで思うとわざわざ銀交換する必要もなかったようだ。上手の27手目からの攻めはすごいです。感動ものの手筋連発。ぜひお時間あるときにご覧ください。

5月4日:飛香落ち戦、○
最近、向飛車のイメージがよくないので、下手四間飛車。上手は早めに角道を開けてきたので、こちらも対抗して角がずっとにらみ合ったまま駒組みを進める。そのあと端角から角を切って、飛車も切って、小駒で寄せきった。80手で勝ったのは最短。対ソフトの駒落ち戦は、争点をできるだけ与えず、ゆっくりじっくり攻めて、かなうなら成駒を作って寄せにいくようなそんな差し回しが、安全というか勝ちやすいとも思っているのだが、少し消極的なのが不満。強く攻め合って勝てるようになれば、それは上達につながるとも思うので、その意味ではとても嬉しい勝利だった。それと大駒二枚を切ったあとぐらいのところから、評価値が+200前後(形勢ほぼ互角)にしばらくなっていたので、激指の読みをここでは上回っていたのかな、という感慨もあります。

5月5日:飛香落ち戦、○
またまた下手四間飛車。序盤早々に時間を使って上手から左の端を突いてきたのには、びっくり。私の四間に分がよくないので、変化してきたのだろうが、ソフトながら面白いことをするものです。しばらくたって、上手があやを求めて角引きをしてきたところは少し怖かったが、大丈夫と判断。そのあと59手目、下手はまさに理想形になった。相振りで美濃囲いを上から攻めるイメージです。銀捨てて上手に銀三枚も持たしてしまったが、うまく寄せきったと思う。この将棋は指していて、ちょっと自分の実力が上がったかな、と思えた一局でした。
01:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/12-42063253

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。