2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.01 (Wed)

味夏vs無双:石田流で気持ちよく捌けました

ダイゴロウ君、前杯がせっかく繋いでくれた棋譜並べ企画ですが、すいません力尽きました。だけれど、いつまでとは明言できませんが、残った棋譜は必ず感想書きます。

さて、先ごろ発売された新・東大将棋無双ですが、いろいろと不満点もたくさんあるものの、棋力そのものはそれなりのものがあるようです。というわけで、棋譜並べ企画の次なる企画として、味夏vs無双トレーニングをやってみることにしました。無双はレベル分けが細かく、20級、15級、10級、9級、8級、…、1級、初段、二段、…、五段、五段+、五段++、五段+++と合計20段階に分かれています。というわけで、ソフトと対局して腕を磨くにはもってこいです。

購入を検討されている方のために私の参考意見を述べておくと、棋譜解析や検討モードはなかなか使えるものの、深く読ませるにはかなりの時間がかかるので、相当のマシンスペックが要求されます。また、定跡編集は出来ないし、駒落ちは超ヘボイ、他にめぼしい遊びの要素もないという感じなので、対局には使わないぞ、という方には激指7などの方がよさそうです。

さてどうやって対戦するか、なんですが、二枚落ちで五段+++とかるーく対戦したところあまりにも弱い!!激指の1/100ぐらい弱いです(ちょっといいすぎ)。そもそも駒落ち定跡がまったく入っていない。これはとても残念なことでした。仕方ないので平手でやることに。段級位の設定は激指並みかややそれよりも辛いぐらいのようなので(お酒飲んで適当指ししたら8級に3連敗しましたぁぁ)、24の自分の級の1級からスタートしてみます。持ち時間は双方無制限、先後1局ずつ交代で、無双君全戦型にしてみました。奨励会式に、6連勝、9勝3敗、11勝4敗、13勝5敗、15勝6敗のいずれかで昇級、降級はなしということにします。初段を卒業して二段になったら、24に復帰して腕試ししてみようと思います。

で、早速、1局指して完勝しました。わーい^-^。続きはRead Moreからどうぞ。

【More・・・】

戦型は最近、私が好んで指している先手三間飛車石田流。後手は左美濃で対抗してきました。無双はわりとこの左美濃から銀冠に組み替えるのが好きなようです。とはいえ、急戦も居飛穴も指すようですが。駒組みはこのレベルでは正直あまりたいしたことはないです。捌きあいの局面も、嫌だなあと思う手はあまり指して来ず、読みにない手も指してきますが、それもあまり怖い手はない感じです。受けは相変わらず昔の東大を思わせる粘り強い感じです。歩の手筋が結構印象に残りました。まだこれぐらいのレベルだと無双らしさ、というものを味わうことはできないのかも知れません。



雑に感想。14手目、飛車を浮いてきた。何となく持久戦が好きなようだ。19手目、あえて▲3八銀を後回しにして定跡を外す。26手目、左美濃に。居飛穴も見たい気がした。40手目なかなかな手だと思った。無双はこの銀冠からの角引きが好きそうだ。42手目△7五歩▲同飛△6四銀はやってこなかった。それなら▲8五銀として暴れる予定だったが、駒損になってどうかなと思っていた。検討モードでは、深さ[12]でようやく△6四銀より私の懸念していた△7五歩がだいぶ勝るということに気づいたようだ。また別PCにてこの手の寸前の局面に戻して、20級から順番に試したところ、8級までは△8六歩、7級~五段+までは△6四銀、そして五段++、五段+++は△7五歩と指してきた。学習機能はしっかりとあるらしく、この検討後は20級でも△7五歩とやってくるようになった。くわばら、くわばら。ちなみに深さ[15]で再び△8六歩が最善になった。五段+++よりも棋力が上なのかも知れない。62手目~64手目、ソフトらしいなと思った手。そこまでする必要があったのだろうか。切らないと受からないなら既に優勢になっていたのだろう。76手目、なるほどなあと思った手。こういう手は結構嫌いだ。そのあとは丁寧に指して完勝という感じだった。

ともあれ幸先よい、白星スタートになりました。現在1連勝中。1局では判断できないけれども、激指初段>無双1級な感じはありそうです。激指より序盤~中盤は自然な手が多いけれども、その後はやや人間味に欠ける感じはあるかも知れません。この辺りは局数を重ねればもっと分かってくるとは思います。
23:00  |  新東大将棋無双  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

さすがですね~
僕も何か考えないといかんですな・・3級に勝てません。
きっちり一手違いにされてしまいます。
SR |  2008.10.02(木) 15:05 |  URL |  【コメント編集】

■3級って強いかも・・・

ちょっとソフト同士で対戦させてみたんですが、多少時間を使う量に差はあるものの、3級、2級、1級、初段の4階級はほとんど差がないような気がしました。恐ろしいことに3級と初段で先後5番ずつ自動対戦させて、なんと指し分けでした。たまたま星が偏っただけかも知れませんが、差があるにせよ紙一重のような気がします。一度優勢にされるとなかなか手ごわいですね。激指よろしく筋に入ったときはすごく強い感じがあります。おまけに最後の詰みがちょっとやりすぎな感じですよねえ(苦笑)

五段やなんかと違って、初段あたりまでは、どうも序盤中盤はかなり隙があるようで、うまく指せると一方的な展開に持ち込めそうです。この辺りは旧東大を思わせるところがありました。私もいろいろ試してみたいと思います。ちなみに4級はだいぶと指しやすいかも知れないです。初段と10戦して1勝9敗でした。

初段vs1~4級10番勝負の結果。
初段 4-6 1級
初段 6-4 2級
初段 5-5 3級
初段 9-1 4級
adinat |  2008.10.02(木) 23:21 |  URL |  【コメント編集】

うーむ、自分も初段から四級あたりまでは差が小さいように感じたのですが、実際に対戦させてみると、勝敗の数としてははっきり差が出てしまうのです。今やってみても、両者居飛車設定・全て初段が後手という条件で、
2級0-2
3級0-4
でありました。何の差なのか・・

また、対四間飛車ですと初段はおろか四級あたりでも定跡通りにイビアナや左美濃に組んでくることが多く、激指と違いなかなか序中盤で優勢にならないのです。本当は隙があるのかなぁ?押したり引いたりの展開にならないと、リードを作れない感じです。正直、少し出てきた自信がしぼんでしまいました・・
SR |  2008.10.03(金) 02:22 |  URL |  【コメント編集】

初段vs二段で先後5番ずつ指させてみました。二段の8勝2敗でした。だいぶ差がある、という感じですね。私も何番か指してみて、無双は左美濃が好きだなあという印象を持ちました。四間飛車は私は指さないので、よくわかりませんが、うまく捌けるとかなり優位に指せる一方で、無双から攻められるとちょっと辛い展開になるかなあ、と感じています。まだ激しい攻め合いを体験していないので、なんとも言えないのですけれど。

無双はかなり不思議な強さを持っているな、という感じがしますね。激指ほど鋭くはないような感じもするのですけれど、でも結構強い、ってところなんですかね。
adinat |  2008.10.05(日) 20:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/132-11c6e9c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。