2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.20 (Mon)

無双@四段に初勝利

無双とのガチンコ勝負とは別に単発で三段に何度か挑戦しているのですが、一向に勝てる気配がない。ちなみに既に10連敗ぐらいしていると思われます。優勢までには何度かなったし、うち二回は超必勝、200%負けないと思うところまで行ったものの、信じられない逆転負けを食ってしまう。そんなこんなで、気まぐれに後手番で四段に勝負を挑んでみようと無謀なことを考えた。そして迎えた四段との初対戦。2手目△3二飛では石田流にさせてくれない変な定跡を使ってくるので、後手早石田を選択。これは普段使わない戦型なのだが、石田封じの▲6八玉にはメリケンへ変化することのできる私には別に問題ない。結局、先手は石田封じはやってこなかったので、後手ながら本組に組めた。そして十分に捌けた形に。そして何と何と、勝ってしまいました。次はいよいよ無双五段狩りです。しかしまあ何と言うか、激指とやったときにも感じたのですが、石田流ってすごい戦法のような気がします。しっかり組ませてもらって、捌けちゃえば、私でも高段者に勝てるチャンスがあるのかも知れないですね。

【More・・・】

また例によって持ち時間無制限の待ったなし。今回は後手番の何かよい戦法を探るということで、後手早石田を選択。5手目▲6八玉から、△4四歩▲2五歩△3三角となると石田流が出来ないので困るが、その場合は後手メリケンにするつもりだった。本局は▲4八銀だったので、石田流へ。升田式は無双は嫌いのようで、本組に組めることになった。以下、先手は銀冠、後手は美濃に組んで、例によって△4五歩から仕掛ける。40手目が△3六歩を入れるのかどうか悩んだが、単に取り込んでみた。角で取ってきたので捌け形へ。59手目▲4四桂が違和感のあった手。嫌な感じもしたのだが、このあと結局ただでこの桂を取れることになって、指せるな、と思った。75手目も緩手。人間なら指せない手だが、おそらく飛車を殺しにくるような手をそこそこのレベルで読むとこういう手が出てくるような気がする。ソフトらしい。シンプルに▲9四歩△同香▲8五銀とやってくるのかと思った。その場合は△9三銀と受ける予定だった。94手目。本来は△2九角とする予定だったが、▲5三香成△同金直▲同馬△同金▲6二銀が怖くなって、受けた。桂は使いにくそうなので受けに使うのは損でないと判断。105手目が油断ならない怖い手と感じた。放置すれば金を質ゴマにして▲9一銀から一気に寄せられるかも、と思った。しかし取った手に、107手目▲7一銀とされるのがもっとも嫌だった。しかし銀を手放すと、△6七との時、受けがなくなってしまうようだ。それで自重してくれた。詰みを読みきっていないので、そうされると困っていたかも知れない。以下、馬と飛を利かせて必死の抵抗をしてきたが、5筋に鉄壁の壁を築いて、これは負けないな、と思った。嬉しい完勝劇でした。

21:00  |  新東大将棋無双  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/148-79b35ec2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。