2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.08 (Mon)

AI奨励会(その1)

無双と早指しというのは、棋力向上に大変効果的なんだろうな、という感触はあるのですが、使ってくる定跡が激辛だというのと、なかなか勝たせてくれないというのが玉に瑕。というわけで、しばらくこれは放ったらかしにして、AI奨励会で遊んでみることにします。最高で6級スタートなので、ここから。駒落ちしないことにしました。1段級上とは先手、下とは後手、同じ段級位だと振り駒で先後が決まる仕組みのようです。で、早速4連勝で5級に昇級。さらに6連勝で4級に昇級。たぶん1級辺りまでは一気に行けそうです。

【More・・・】

ざっと成績を振り返ってみます。まだかなり実力差がありそうなので、いろんな戦法を試しています。どれで戦っても、中終盤に明らかな悪手を放ってくるようです。この辺りが無双との違いだなと感じます。ただ、わりと自然な弱さだな、という感じもします。

相手戦型段級位コメント
1AI棋士5級角換わり相腰掛銀6級角を打ち込まれてひどい劣勢に。粘り勝ち。
2AI棋士5級メリケン向飛車6級かなり嫌いな定跡へ。わりとうまく指せた。
3AI棋士5級三間飛車6級相振り模様から、乱戦へ。快勝の部類か。
4AI棋士7級相振り飛車6級向飛車で穴熊へ。妙な手待ちが多かった。
5AI棋士6級横歩取り△8五飛5級34手目△7五歩が定跡。
6AI棋士4級石田流5級本組で、後手急戦模様。後手の角が自殺。
7AI棋士6級居飛車穴熊5級対四間飛車。飛先放置をしてきて必勝に。
8AI棋士5級四間飛車5級3・4・3戦法。後手が飛先を切ってくる展開に。
9AI棋士4級石田流5級対棒金。久保流になった。圧勝。
10AI棋士6級横歩取り△8五飛5級32手目、端歩や△7五歩が定跡のようだ。

棋譜は例によってスーパーマルチで。一方的な将棋が多い中、2局目が結構気に入っている感じ。メリケンをやっていて一番嫌な変化に突入しました。

19:00  |  AI将棋16  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■どうやら

AI将棋のレベル設定も24の段級位にほぼ準ずるかたちになったみたいですね。AI2002は道場の段級位にほぼ近い感じかな、といったところだったんですが、道場4~6級の強さではないですよね。棋力は24のRではかるものという認識が一般的になってきましたが、時代の流れなんでしょうか。
SR |  2008.12.08(月) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

■AIの設定は真っ当

AIのレベル設定なんですが、たぶん24よりはかなり甘いと思います。どこまでがどうなのかというのは難しいのですが、少なくとも4級~10級までは24と比べて相当に甘い感じがします。道場段位よりは辛いのかも知れないですけれども。

この後で、無双の10級とやってみたのですが、異常に強かったです。へたな道場初段よりも強かったりして、という感じがしました。どうも将棋の棋力というのは統一的な物差しがなくて比較が難しいですね。いっそほんとうに24をすべての基準にしてしまって、ソフトの段級位も、R1000、R1500みたくにしてくれると分かりやすいのに、なんて思ってしまいますね。
adinat |  2008.12.09(火) 15:50 |  URL |  【コメント編集】

■AI2002の棋力設定もよくわからない・・

確かに、六局目を見たら、とても4級はないなと感じました。で、AI2002は更に弱めの設定だったよと書こうとして、ソフト同士を対戦させたら、AI3級が大健闘^^; 激指10級に勝ち、激指8級に必勝局面を築いたので中断し、無双10級とやらせたらこれも圧勝。そして・・なんと無双6級にも圧勝!^^; どうも定跡形を外れると地力の差が出てしまうのでしょうか?私がAI3級とやると、ほぼ負ける気はしないのだが・・


手合割:平手  
先手:AI2002三級
後手:無双6級

▲7六歩 △8四歩 ▲4八銀 △8五歩 ▲7七角 △6二銀
▲7八金 △3二金 ▲2六歩 △4二銀 ▲5八金 △4一玉
▲2五歩 △5四歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩
▲5四飛 △5三銀右 ▲5六飛 △4四銀 ▲2六飛 △3四歩
▲8八銀 △3三銀上 ▲6八角 △3一角 ▲3六歩 △8六歩
▲同 歩 △同 角 ▲同 角 △同 飛 ▲7七桂 △5二金
▲8五歩 △5五角 ▲8七銀 △同 飛成 ▲同 金 △7八銀
▲7一飛 △5一歩 ▲8八金 △1九角成 ▲7八金 △6四馬
▲8一飛成 △7四歩 ▲8二銀 △2四香 ▲2五歩 △同 香
▲同 飛 △2四歩 ▲2六飛 △3一玉 ▲9一龍 △2二玉
▲5六香 △4二金右 ▲6六香 △8六馬 ▲6三香成 △7五歩
▲2三歩 △1二玉 ▲9八桂 △7六馬 ▲5一龍 △6六歩
▲5二香成 △同 金 ▲同 龍 △4二香 ▲4一龍 △2三玉
▲2一龍 △2二銀 ▲4一角 △7七馬 ▲同 金 △1四玉
▲3二角成 △2三桂 ▲1六飛 △2五玉 ▲3七桂

まで89手で先手の勝ち


全て24Rを基準にしてしまうと、連盟の免状が意味不明になりそうですね。段級位の基準も滅茶苦茶になってしまう。むしろ、24側の段級位を従来の基準(連盟道場等)に合わせて欲しいと思ってます。R300二級、R800初段、R1700四段、R2100五段、R2500六段など。
SR |  2008.12.10(水) 17:25 |  URL |  【コメント編集】

■異質な強さ

確かに免状の段位ってすごいですからねえ。ただ、道場段位って級位がゆるゆるになりすぎていて、四段あたりで詰まっちゃうのが問題だなあって思います。弱い四段と強い四段では二枚落ち級の差があったりも、なんて言われますしね。

棋譜みましたけど、AI強いですね。無双6級相手にやるもんだなあ、と。ただ、改めてAI3級と対戦してみたのですけれど、AI将棋もそこそこ強いですね。そんなに舐めてかかれるほど弱いわけでもないな、と感じました。AIは4級以下が急激に弱い設定になっているというふうに感じています。ただ、ソフト同士と人間対ソフトってどこかしら、異質な強さというのがあって、やはり人間とソフトで対戦するときは、無双が一番強いなという感じは受けます。無双6級もAI3級も、どちらも気合を入れて指せば相当負けないとは思うのですが、無双のほうが取りこぼしが多いかもなあと思いますね。でもよくよく考えると、24の6級と思えば、そんなものなのかも、という気がしてきました。
adinat |  2008.12.11(木) 02:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/181-0489023b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。