2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.10 (Tue)

指定局面戦@矢倉(その8)

まだまだ行きますよ~。今回も激指@四段戦。後手番にて。結果は1勝2敗でした。前回の記事はこちら

1局目は、前回まさよしさんに相談したときに出た変化に。△5五桂と打ってみました。そこそこ戦える感じでした。チャンスはあったものの、残念ながら逃して負けに。同じ変化で修正手順にしたのが、3局目の勝利局。しかしながら、ぎりぎりもいいところでした。2局目はやや先手不満といわれている変化なのですが、指し方がわからず完敗。森内羽生の名人戦でも似たような将棋がありましたが。これは少し指し方を勉強する必要がありそうです。結局、三段戦は先後合わせて2勝2敗、四段戦は2勝3敗で切り抜けました。上出来です。次からいよいよラスボスの五段登場です。連敗は果たしていくつで止まりますやら。


【More・・・】

以下、反省文。まずは1局目。

yagura022△3八馬に▲5七飛と逃げたところ。▲1七飛の方がよかった。

ここで△4七桂成が自然だと思ったのだが、▲6七飛とされて悪くなったようだ。このあと▲7四歩が間に合ってしまった。

ここは△6五桂と跳ねるのが、馬の利きを活かしていてよかった。3局目は同様の局面を迎えて、うまく行った。
yagura023チャンスを逃して苦しくした局面。ここではもう△6五桂とは出来ない。ここで△5五銀と自爆してしまった。

ここは少々悪くなっているが、△5八馬とやはり飛車を取りに行くのがよかったようだ。読みはしたのだが、ダメだと思った。本譜の方がもっとダメだった。


続いて、2局目。

yagura024ここでヤケになって△8四飛としてしまったのが、敗着だったか。と金を作られたらやはりダメ。素直に△同角とするのだった。

以下、▲5五歩なら△6五歩としてそこそこ戦えるか。▲6五歩なら角を成っておく。

この後は完全に負けの一直線コースに突進してしまい、完敗。


最後に勝利局。

yagura025この将棋は激指六段に疑問手をただのひとつも付けられないという快挙だったので、ちょっと変化を研究してみる。本譜では▲5七飛と逃げた局面。

ここも△6五桂と跳ねたい。以下、無視して▲4一角なら、△7七桂成~△7六銀と攻めあい。△5六馬~△8六飛の十字飛車を狙い戦いたい感じか。▲6八銀と逃げれば、△8六飛▲8七歩△5六馬▲同金△同飛の二枚換えでどうか。
21:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/236-b93572be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。