2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.05 (Sun)

指定局面戦@矢倉2(その3)

矢倉指定局面戦、▲3五歩の仕掛け編です。今回は対二段。前回の記事はこちら

まずは先手から。激指は△6四同歩と取る変化に。初段戦で勝ったものと同じ変化へ。端を破るとやはりかなり先手が指しやすい感じがする。まずまずの快勝かと思う。とりあえずこれは無難に一発勝利。そして後手番。初戦~3局目は激指は▲3八飛と引いてくる変化に。今後、この変化にはひたすら苦戦されることになる悪夢の変化。4局目は▲6五飛△7三桂▲6六飛の変化へ。以下、△2五銀~△6五桂打と昔の定跡をやってみた。後手ダメといわれているけれど、まずまずいい勝負と思う。これは実際は私に勝ち筋があったのだが、なぜか戦意喪失して投了してしまう。5局目と6局目はいきなり▲6四飛と切ってくる変化に。プロはやはりこれをあんまり指さないのだが、先手かなり指せる変化だと思う。これもこの先、何十回と戦うのだが、絶望のバトルが続くことになる。最後の6局目は定跡を外して二段目に飛車を打ってみて、何とか勝ちきった。二段戦は合計で2勝5敗で終わった。


【More・・・】

以下、反省文。面倒くさいので、1局につき1ヶ所まで。しかも全部は反省しません。

yagura031先手番の勝利局より。▲1二香成に上に逃げたのは意外だった。

ここで▲1二成香寄と攻めたが、冷静に▲6六銀△同歩▲同金と安全にしておくのがよかったかも知れない。

yagura032以下は全部、後手番で。ここは△同玉の一手。なぜか桂で取ってしまう。

玉は危ないと判断したのだが、▲1五香なら△1四歩、▲4一角なら△2二玉。

とにかくここはしばらく辛抱どころだった。以下、一気に寄せられて負け。

yagura033この先、よく出てきそうな変化。ここは△9三飛と逃げるか、△5五馬と角を消しておくところだった。△9三飛▲8二角成△2五銀~△6四桂ぐらいなら、互角だったと思われる。

yagura034ここで飛車を取って、△2八飛と打ったのだが、最悪だった。全然、先手玉に響いてない。▲1二歩と打たれて痺れてしまった。

どうせ飛車を取りに行くなら、△7六桂▲同金としてから取ったほうが、金が乱れている分、はっきり得。他に△3三金上などとしておくのもひとつか。そういう展開なら、激指評価で互角だった。

yagura035これは勝っていたのだが、なぜか投了してしまった。△7八金▲同歩△7九銀とやって、この銀が取れない。以下、▲9八玉△7八竜に合い駒を取って、一手一手だった。これは大いに反省したい。

yagura036ここは△4五歩や△4五香と催促したいところだった。

本譜は△6一香と打ったのだが、▲3四桂と打たれた。これが激痛で、まだ狙いが分かっていなかったので△同金と取ったのだが、▲3二銀成とされてようやく事の重大性に気づいた。すごい手をやってくるものだと感心した。

yagura037ようやく勝った一局から。ここで、△2三角と受けたのが、悪手。△6二角ならまだ粘れたようで、先手も大変だったみたいだ。

本譜はこの先、激指が寄せ間違ってくれたお陰で、何とか逆転勝利。
16:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/270-84b9cc80

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。