2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.06 (Mon)

指定局面戦@矢倉2(その4)

矢倉指定局面戦、▲3五歩の仕掛け編です。今回は対三段。前回の記事はこちら

いよいよ激指本領発揮です。先手番の成績●●●●●●●●●●●○(11連敗)、後手番の成績●●●●●●●●●●●●●○(13連敗)。ここまで負け続けると、だんだんやる気が萎えてきて適当になってきます。悪くなったら投げやりになります・・・。でもまあ、何とか止まるものです。それがまた将棋というものの本質なのかも知れませんね。ちなみに、先手番の将棋は調子がいいとき、気合を入れて指せば、4~5個ぐらいは勝てたようにも思いました。後手は基本的に苦しい将棋がほとんどです。やはり、この変化は先手の方が指しやすい感じはあるのかも知れません。


【More・・・】

以下、反省文。面倒くさいので、先手番、後手番で負けた5局ずつだけ。

yagura0381局目。ここではいい勝負だったかも知れない。ここで手が見えず、▲7五歩でいきなり敗勢に近くなったようだ。

ここは攻めるなら▲5二金と露骨に清算していく。あるいは、▲6六銀△同歩▲同金△同香▲6五桂を狙うのもあったかも知れない。むしろ、▲7九桂か▲5九桂と受けておくのがよかったようにも思う。

yagura0392局目。ここでは先手勝ちだった。ここから▲8一飛打としてしまい、詰まされて負け。先手玉は詰めろだった。

▲6三馬と王手するのがよかった。△5二玉▲同馬△同玉となったら、先手玉の詰めろが消えていた。

yagura040一度だけ激指がやってきた変化。▲同金寄と間違えてしまった。△6五銀と打たれて涙目。
ただしくは▲同桂。以下、①△3三金寄▲4一銀(▲7四歩の攻め合いは少々先手不利)△3一金(△5八銀もある→③)▲7四歩△8六歩(△4一金▲7三歩成は先手有利)▲7三歩成△8七歩成▲同金△8六歩▲8二と△8七歩成▲同玉△7五金▲2三歩は先手有利。②△5八銀▲1五香△6七銀成▲同金△7五角▲6三飛成。③△5八銀以下、▲1五香△6七銀成(△同香もある)▲同金△1五香(△7五角は飛車を成って先手優勢)▲3四歩△同金▲3五銀△同金▲同角△3四金▲2四桂△同金▲同角で先手有利。ただ変化がかなりありそうで難解だ。

yagura041一度だけ試した高橋本の変化。ここで、▲6五飛と逃げてしまったのが逸機だったと思う。

▲1三銀と放りこんで、△同桂▲同桂成として、△同銀なら▲1五飛でどうか。

yagura042またまたしつこく端を破る変化に。▲1二銀と打ったら上部に逃げ出そうとしてきた局面。

▲2一成香以下攻めたのだが、微妙だったかも知れない。入玉されて負け。ここでは▲2四桂と打ってみるのが面白かった気がする。
yagura043後手番。所司先生曰く、先手優勢らしいが、後手がいいとしか思えない変化へ。とはいえ、後手を持つと簡単に寄せられてしまうのだが、ソフトの指し方を真似して△7五歩と突いたら、▲6五銀とやってきた。

ここで△同桂と取ったのだが、△8六歩が厳しい詰めろだった。▲同歩には△8七歩▲同玉△6五桂としておく。

以下、▲2三銀△3一玉▲3二銀成△同金▲同角成△同玉と進めば、確かに後手を持って、勝てそうな気がする。

yagura044結構頑張って攻めた局面。ここで手が分からず△6九飛と打ったが、ひどかった。

ここは△5八飛▲7八銀△6六銀▲6八銀△5七金などとして、4枚の攻めは切れませんよ~、と戦わないといけなかったようだ。これはある意味、寄せの基本中の基本だと思うのだが、私にとってはまだまだの課題。

yagura045△7七桂打に▲同銀と取ったところ。何かありそうだったのだが、△同桂不成と単純にいってしまった。

ここは△9七香成がよかった。▲同歩に△7七桂成▲同角として、空けたスペースに△9八銀と打つ。▲同玉△7八竜▲8八桂に△8九金と打っていて、寄りそうだ。▲4四角には△3三歩で大丈夫そう。

yagura046いまいち方針が分からなくなるので、今はやらない変化。ここ、△3八銀として、上部開拓しようとしたのだが、返し技▲2八角をうっかりしていた。気をつけないといけない。

飛車を追うなら、△3八馬▲5九飛△2七馬という手順がよかったか。他に、△4四銀の森下流もよかったかも。飛車を追い回しても何にもならないということで、△6四銀打と引き上げるのもよかったかも。

yagura047幾度となく戦うことになった変化。△同飛と取ったのだが、これはよくなかった。

一回、△9四飛と逃げておいて、まずまずだったようだ。以下、△5七角▲5九竜△4八銀▲5八竜として、△8二馬なら▲6八銀などと絡んでいく。ただ、▲6六角の反撃もあって、難しい戦いな感じもある。
21:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/271-54783ca7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。