2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.15 (Wed)

指定局面戦@矢倉・番外編(その1)

yagura_a03棋譜並べが終わるまで、しばらく宮田新手のその他の変化に挑戦してみることにしました。今回は△6五桂に▲6六飛と引いたところから。後手番は少し難しかったですが、勉強になりました。

番外編扱いということで、対五段のみ先手と後手でやって、勝ったら終わりということにしました。負け棋譜はそこそこ指せたもの以外は闇に葬ることにしました。これで、激指@五段に人生6、7度目の勝利。前回の記事はこちら

【More・・・】



いつもより丁寧に振り返っておきます。どちらも簡単に勝っているように見えますが、ここにたどり着くまでは長かったです。まず先手番。△2五銀と桂を外して、△6五桂打とするのは初期の変化らしく、▲2四歩△同歩▲2五歩△同歩▲7五歩が現れてから後手が苦しいということになっているようです。このあと△同角▲7六銀△6六角▲同金で、どちらをもっても難しいと思ったりもしますが、どうやら正しく指せば先手よしな感じです。△7七桂成は、後手不利な定跡のようですが、▲同桂と取らないと、△6五銀などとされてひどい目に遭います(遭いました)。74手目△5八銀と絡んだのが、渡辺北島(04王座)のようです。本譜は一直線の殴り合い。定跡になっていたので、覚えて使ってみました。85手目がおそらく厳しい手になっているはずで、△同金▲3五桂△2四銀▲2三桂成△同玉▲2四角といった展開でも勝てていると思います。89手目はミス。▲6四飛とすべきでした。△同歩なら▲5二角△4三銀打▲同桂成で勝ちでした。手順前後したものの、飛車切りが決め手になって、無事勝利できました。

後手番。今回は、△9六歩▲同歩△9七歩の変化に頼って勝負してみることにしました。最新の定跡では、どこかで▲1二歩の反撃が飛んでくるはずなのですが、激指には入っていないようで、▲7五歩△8六歩と必ず進みます。ここで、▲同飛△8五桂▲7六銀△8四歩と進んだこともそこそこありました。以下、▲6五銀△7五角▲6六銀打などと進むことが結構ありました。勝てなかったですが、まずまず後手戦えると思いました。勝利局は、▲同銀△9六香▲6五歩の変化に。定跡道場には、以下角を成ったりして、難解と書いてあるものの、森内先生の矢倉の急所では、角を逃げずに△8五歩が好手で後手よしと書かれていました。角を取っても、△8六歩と銀を取り返されて、以下、△9八歩成~△6五香の狙いが残るから、ということです。ところが、冷静に▲8六飛と歩を払っておけば、何事もなく、後手も大変だと思いました。このあと△8五銀と打ってみたものの、▲6三歩成とされてうまくいかないことが多かったです。その後、無双を使って検討してみて、銀は打たずに△同飛から、端も清算してみる順がそこそこ有力じゃないかと思って試してみました。80手目は形を乱す手筋。▲同桂なら△6五香▲6六香△同香▲同金△6五香▲同金△同桂などと戦う予定でした。以下、▲6三歩成などなら、△6九飛が厳しいようです。ただ、▲3三歩などとされて、これもおそらく難解だと思います。本譜は非常にうまく指せて、110手目、あまり自信がなかったですが、好手だったようです。115手目▲同玉は△5九竜以下、詰んでしまうようで、取れないようでは勝負は決しました。
21:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/282-cdebf17d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。