2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.25 (Sat)

指定局面戦@矢倉・番外編(その4)

yagura_a01人気ナッシングなシリーズですが、まだまだ行きます。今回は今までの総復習を兼ねて、宮田新手の基本形から。激指はあらゆる変化をやってきます。【図面が間違っていたので訂正しました(4/26)】

先手番では3局目で勝利。負けた2局もいい勝負でした。1局目は勝ちの局面までありました。後手番は絶望のバトル。おそらく30連敗ぐらいしています。これで激指@五段に通算14勝。前回の記事はこちら

【More・・・】



簡単に振り返っておきます。1つ目の棋譜は先手番にて。おそらく先手がよくなることが分かっているだろう変化へ。71手目は▲同桂と取らないと悪くなる。76手目、変化してきました。一度勝ったことのある形は、△8六歩▲7三歩成△8七歩成▲同金△8六歩▲8二と△8七歩成▲同玉△7五金▲2三歩と進みました。97手目が疑問手。▲3四桂ぐらいでよかった。終盤はひやひやした。

2つ目の棋譜は後手番にて。60手目、定跡では△5四金と上がる。ただ、自信がないので、やらないことにしている。自玉の端歩を突くという無筋な感じの手なのだが、△1六歩が面白いので何度か試している。▲同香とすれば、△2五銀~△1七角成が狙い。激指は当然取ってくれない。87手目が少々強引な感じのする角打ちで、一度切らしかけるところまで行ったことがあるので、頑張れば何とかなるか、と思った。101手目、飛車を逃げているようでは、△2四玉からの入玉作戦を防ぎようがない、という判断のようだ。そのあと、とても怖かったが、何とか先手の攻めを完全に切らせて勝ち。

後手番のときの、対策を少しまとめておく。とりあえず定跡通り、図から▲2五桂△4二銀と進めておくと、激指は▲3五歩と▲5五歩を満遍なくやってきた。

▲3五歩の変化は、以下、△同銀▲同銀△同歩▲1五歩△同歩▲6四歩△同角▲3五飛△2四銀に、①▲3八飛、②▲6五飛△7三桂▲6四飛△同歩▲4一角△3九飛▲7四角成△6五桂▲6四馬△7七桂成▲同金寄△9二飛▲1三歩、③▲6五飛△7三桂▲6六飛△9六歩▲同歩△9七歩▲7五歩△8六歩▲同銀△9六香▲6五歩△8五歩▲6四歩△8六歩▲同飛、④▲6五飛△7三桂▲6六飛△9六歩▲同歩△9七歩▲7五歩△8六歩▲同飛△8五桂▲7六銀△8四歩、のどれかに進んだ。②のいきなり飛車切りパターンがいちばん頻度が高い気がする。これがかなり厄介で、正直勝てる気があまりしない。①はたぶん互角に近いと思うが、手が広すぎて、難しい。具体的な戦い方がまったく分からない。今後の検討課題。③は、一度勝ったことがあるが、後手もかなり攻めることが出来るので面白い。ただ、やはり難しい。④は大抵、飛車を取れる展開になる。いったん後手有利にまでは行きやすいと思う。

▲5五歩の変化は、以下、△4五歩▲同銀△5五角に、①▲4六角△同角▲同歩△4七角▲6六角△3三桂▲3七飛△6五角成▲4四銀、②▲4六歩△7三角▲6六銀△5五歩▲7七角△8六歩▲同歩△4四歩▲5五銀△4五歩▲同歩△3三銀▲4四銀△2五銀▲同歩△4七銀▲3九飛△2八角成▲5九飛△4四金▲同歩△5八銀打▲4三銀△3一桂▲4二銀成△同玉▲5四歩△4二銀打、③▲4六歩△7三角▲5六銀△5五歩▲4七銀△6二角▲5九角、のどれかに進んだ。①はいまいちよく分からない戦いになる。②は、大抵の本には先手がよいとか書いてあるが、後手が指せるように思う。実際、この後、激指の選択肢は▲4三金、▲4三歩成、▲7九飛のどれかなのだが、どれもだいたい後手が優勢になる。特に、▲4三金、▲4三歩成はたぶん後手が勝ちなんだと思う。ただ、後手玉は薄すぎるので、いいところまで行って何度も逆転負けを食ったが。▲7九飛は難しい。互角だと思うが、激指は一回やったきり二度と指さなくなった。③はいわゆる銀の撤退定跡。この後、△5四金などとしてどうかと本に書いてあるが、まったくもってよく分からない。私は、△1五歩▲同歩△1六歩の筋で戦うようにしている。基本的に、とにかく後手はひたすら受けに専念して、先手の攻めを切らすようなパターンに持ち込むしかない気がする。後手からどこを攻めていいのか、いまいちよく分からない。
22:00  |  激指定跡道場  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■△53銀型から△45歩の反撃について

宮田新手でググってみたら、結構上位で出てきましたww
(7番目ぐらい?)
先日の▲志士さんとの矢倉戦で△私が後手
この局面から
▲57角△62飛▲25桂△45歩で以下
▲45銀△19角成▲66角△12玉となり、
後手の私は受け一方になったんですが、
なんと受けきってしまいました。
先手勝ちの順があるとと思うんですがねえ。
nyankichi |  2009.04.28(火) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

■コメどうもです

nyankichiさん、コメントどうもです。近いうちに先手が▲6五歩~▲6六角と出るパターンのもアップしますが、どうもこの形はプロはまったくといっていいほど指さないみたいですね。後手はっきりダメという認識があるようです。

ただ、勝ちの順があるっていっても、後手潰れという感じでもないと思います。頑強に後手が粘ればすぐに寄る形でもなくて、後手の入玉を先手が必死に防ぐというパターンになる感じがします。先手もっても、後手の受けがうまいとかなり攻めきるのは難しい印象でした。
味夏@棋聖 |  2009.04.29(水) 20:34 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/293-4db707e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。