2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.20 (Mon)

棋譜並べしましょう(19回目)

というわけで、棋譜並べしましょう企画復活です。回数は適当ですw。やること:
毎週、『森下の四間飛車破り』より2局を選んで、棋譜を並べる(盤駒で並べることを強く推奨)。1週間以内に一言以上の感想を書き込む。以上。
一人で続けるのって想像以上に大変なので、ご興味のある方、ぜひご参加くださいね。私のモチベーションにつながるのです(笑)。

【More・・・】

2ch棋譜で検索して出てきた順にリストアップしていきます。そのうち私の好みで適当に順番を入れ替えるかもです。また、リクエストがあればぜひお寄せください。一覧はこちら

①【第4局】
開始日時:1995/12/11(月) 00:00:00
先手:日浦市郎
後手:森下 卓
棋戦:NHK杯
戦型:四間飛車
手合割:平手

▲7六歩  △8四歩  ▲6八飛  △3四歩  ▲6六歩  △6二銀  
▲4八玉  △4二玉  ▲3八銀  △3二玉  ▲3九玉  △5四歩  
▲5八金左 △5二金右 ▲1六歩  △1四歩  ▲7八銀  △7四歩  
▲4六歩  △4二銀  ▲2八玉  △8五歩  ▲7七角  △5三銀左 
▲3六歩  △7五歩  ▲同 歩  △6四銀  ▲7四歩  △7五銀  
▲6五歩  △7七角成 ▲同 銀  △2二角  ▲5六角  △8四飛  
▲9八香  △8六歩  ▲同 歩  △同 銀  ▲同 銀  △同 飛  
▲8二歩  △同 飛  ▲6四歩  △同 歩  ▲8三歩  △同 飛  
▲7三歩成 △同 飛  ▲6四飛  △5五銀  ▲8四飛  △5六銀  
▲8一飛成 △7八飛成 ▲5六歩  △7一歩  ▲7二歩  △9四角  
▲6八銀  △7二角  ▲9一竜  △9四角  ▲8二竜  △1三角  
▲4七銀打 △9八竜  ▲6四桂  △5一金引 ▲6三香  △6一歩  
▲6二香成 △同 歩  ▲9三竜  △5八角成 ▲同 金  △8九竜  
▲7三竜  △6三香  ▲5七銀  △3一角  ▲6五歩  △1五歩  
▲同 歩  △1八歩  ▲同 香  △1七歩  ▲同 香  △2四桂  
▲7九歩  △1六歩  ▲同 香  △同 桂  ▲3七玉  △8五竜  
▲2五銀  △6五竜  ▲1六銀  △6四角  ▲7八竜  △4五桂  
▲2八玉  △5七桂成 ▲同 金  △1七歩  ▲6六歩  △7五竜  
▲同 竜  △同 角  ▲1七桂  △5九飛  ▲2五桂  △5七飛成 
▲3三桂打 △4八竜  ▲3七角  △3九銀  ▲1七玉  △3三桂  
▲同桂成  △同 玉  ▲4五桂  △4二玉  ▲2一飛  △6六角  
▲3三桂打 △3一金  ▲1一飛成 △4七竜  ▲同 銀  △2八銀打 
▲同 角  △同銀不成 ▲同 玉  △3九角打 
 まで、136手で後手勝ち

②【第31局】
開始日時:1995/11/02(木) 00:00:00
先手:森下 卓
後手:真部一男
棋戦:王座戦
戦型:四間飛車
手合割:平手

▲7六歩  △3四歩  ▲2六歩  △4四歩  ▲4八銀  △4二飛  
▲5六歩  △6二玉  ▲6八玉  △7二銀  ▲7八玉  △7一玉  
▲5八金右 △3二銀  ▲9六歩  △9四歩  ▲3六歩  △8二玉  
▲6八銀  △4三銀  ▲5七銀左 △6四歩  ▲2五歩  △3三角  
▲3七銀  △3二金  ▲2六銀  △1四歩  ▲3五歩  △4五歩  
▲6六銀  △6五歩  ▲7七銀  △5四歩  ▲3七桂  △5五歩  
▲4五桂  △4四角  ▲3四歩  △同 銀  ▲4六歩  △4三金  
▲6八銀  △5二飛  ▲3五歩  △同 銀  ▲同 銀  △同 角  
▲3八飛  △3四歩  ▲3五飛  △同 歩  ▲4一角  △4二金  
▲5二角成 △同金寄  ▲4一飛  △4三角  ▲5五角  △2九飛  
▲5九銀打 △4八歩  ▲同 金  △6六歩  ▲同 角  △1三香  
▲4三飛成 △同 金  ▲3二角  △4二金  ▲2一角成 △1九飛成 
▲3一馬  △5二金寄 ▲5三桂成 △同 金  ▲同 馬  △5一香  
▲4三馬  △6四桂  ▲5五歩  △5六桂  ▲6四桂  △4八桂成 
▲同 角  △6二金打 ▲5四桂  △6三飛  ▲6二桂成 △同 金  
▲4二馬  △5五香  ▲5四金  △6四飛  ▲同 馬  △5九香成 
▲同 銀  △5六桂  ▲6三香  
 まで、99手で先手勝ち
23:00  |  棋譜並べ  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■参加!!!

1週間に2局+一言以上の感想だと・・・

楽勝すぎるぜv-8

頑張って手厚い将棋、身に着けます。

よろしく~v-16

棋譜並べsonicはしない!!!!!!!!!!!!!


(味先生~フラ盤解凍またできません>。<)
ブラ@柳のアキレス腱 |  2009.07.20(月) 23:26 |  URL |  【コメント編集】

■目標は低めに立てるのがコツ?w

どうもどうも、参加ありがとうございますv-10

フラ盤はPC壊れた→直った→再DL→解凍できないv-12
ってパターンですかね。

まあ、こんなところですか→
http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/
adinat0801 |  2009.07.20(月) 23:38 |  URL |  【コメント編集】

1局目並べた~ (1時間くらい、うにうにしてたかのぉ)

まぁこれはいい棋譜ですね。
(四間破り云々でなく将棋として並べて楽しかった。)
本譜の絶品カルボナーラは△82手目の△31角・・・
その前の66手目△13角以下からの構想が素晴らしい。
この角が新手?▲36歩を咎めたことになっていると思う。

あ~ちなみに『山田定跡』なるものここで知りました。

36手目 △84飛車 
軽い手で参考になる。
ブラ的には意外と指せない手。

66手目 △13角▲47銀
解説通りガチガチに固められたが相対的に自玉の安全度↑
こうなると△98竜のような確実な手(駒補充)が効果的と言う大局観は参考になる。
(手数は伸びるであろうが・・・)

70手目 △63金以下の変化
△81歩~△91香で竜をラインからずらす手筋が勉強になる。

79手目 ▲73竜
最初に並べて違和感を覚える。(私の感覚に無い手)
つまり将来の▲79歩の支え等の意味と判明。
ブラ的には指し辛い手です…

82手目 △31角 (絶妙手)
▲の王様の左辺に駒を投資させての手筋の端攻めへの布石。(搦め手から)
▲65歩の受けはあまりにつらい辛抱・・・
端攻めも基本通りに決まってます。(基本大好きw)

106手目 ▲17歩
絶妙の垂らし・・・実戦的な好手だと思う。
まぁ数局に1回は私も指せそうだが・・・
当たり前のようにこの手が見えるようになるといいですな。

116手目 △48竜(詰めろ)
以下の詰み手順は参考になります。(基本手筋の組み合わせ)

118手目 △39銀(疑問手)
これは最初に並べてたとき私も感じた。
ここでは△66角が絶品~と思いました。
森下もまだまだよのぉ~v-8

126手目 △66角 (決め手)
攻防手、自陣の22の地点を睨みつつ急所に利かす。

本譜は全体として森下の角が縦横無尽の大活躍ですな。
明日あたり2局目並べます~・・・


ブラ @ おかだまさんは四間党^^
ブラ |  2009.07.24(金) 16:58 |  URL |  【コメント編集】

■①を並べてみた

ブラさんどうもどうも~。私も火曜日ぐらいには数回並べていたんですが、もう一度並べなおしました。私も△3一角が素敵な手だなと思いました。それ以上にそれを含みにした△6三香が素晴らしいなと感じました。

山田定跡はたぶん先手の居飛車急戦が基本で、後手が△6四歩型のときの定跡だったような気がします、うろ覚えならすいません。で、本譜、居飛車が後手なので、先手は▲4六歩、▲3六歩と歩を二つ突けた。でも▲3六歩で▲5六歩なら山田定跡は失敗するので、っていうことなんでしょうかね。まあそれゆえ、やって来い、ということなんでしょう。

で、山田定跡、私はかなりよく知りませんが、36手目の△8四飛で単に△8六歩▲同歩△同銀は▲7三歩成△同銀▲8三歩△同飛▲6四歩があって、後手不利と書いてました。とはいえ、▲7三歩成の成り捨てを△同桂と取ってもいいような気もするので、案外それでも勝負になるのかな、と思ったりします。でも、▲5六角△8四飛▲9八香、定跡だけど、棋は対話也という感じで素敵ではありますね。

本譜は47手目▲8三歩辺りで先手が定跡を外したという感じでしょうか。先に▲7三歩成~▲8三銀だったかな。確かに振り飛車重いといえば、重いような感じもします。でも、本譜は両取り△5五銀が確かに厳しくて後手がちょっと有利になっているように感じました。その後の56手目はちょっと感心した感じです。銀逃げる手はないんですかね。

58手目△7一歩からの攻防は面白い。歩を打たせて取ってしまい、歩切れに追い込むというのが手厚いなと感じました。

61手目▲6八銀はそんなところに打つのかあという感じでしたが、竜筋を遮断しておくのがやはり自然なんでしょうかね。

67手目▲8二竜は冴えないなあと思いましたが、こうするのところですか。▲9三竜まで結局二手使っているのがどうかと思ったのですが・・・。あと私も▲7三竜はちょっとぱっとしないなと感じました。かといってでも他に手は分からなかったし、という感じで、先手辛かったんでしょうね。

後手のゆさぶり△1三角からゆっくり△9八竜と補充していった手は私もたいそう感心しました。そしてその後の△6三香がびっくりしました。直後先手の▲5七銀の意味が分からなかったのですが、放っておいたら△6四香▲同竜△6三香の田楽刺しだったのですね、後で解説読んでから気づいてなるほどなあと思いました。この香打ちが先手になって、さらに直後の△3一角。綺麗な構想だなと思いました。

その後の端攻めはなるほどな手で、美濃を攻めるといえば、ここなんですね。久しく居飛車指していないので、この感覚は学ばなければ。97手目▲2五銀は仕方ないところだったんでしょうか。私なら是が非でも△6五竜は阻止したいという感じなのですが。

その後は流れるような手順という感じがします。△1七歩に対して▲6六歩、どこに逃げるのかなと思ったらあっさりぶつけちゃっていいんですね。先手はもっと困ってしまった、という感じでした。実はぶつける手、私は考えなかったです。△1七歩のときにそこまで考えられるようにしたいですね。

ラスト、△3九銀を後悔されておられますが、どうやらこのまま必至がかかる手順があるようで、悪手どころか最速の寄せだったようです。このあと▲1七玉に△2八金と打っておけば、竜を取れば△1八金打~△4八銀不成でほぼ受けなしになったようです。ついでに、128手目以下は、△1八金と捨てて即詰みがあったようです。まあ、早指しなので、これはいいかなあという感じですね。

△6三香~△3一角の構想が綺麗だなあと思った一局でした。
adinat0801 |  2009.07.25(土) 02:00 |  URL |  【コメント編集】

■②を並べてみた

ちぃーす・・・

4番の△39銀、好手だったんだねw
でも次の△28金は浮かびづらいね。
重すぎる。。。
のく名人の▲93金くらい重いw(@ネコ戦)

まぁコメント参考になりました。

つーことで早速、2局目・・・

△32金型は並べたことあるので取っ掛かりやすかった。
ちなみに前例の26番も並べたんだが・・・
180手以上あることに気づきココロ萎えリタイアしました。v-12
(今回の企画ではあまり長いのはよそうねw)

と言うことで本譜のブラ的ハイライトは

▲61手目 59銀打v-217

これは指せない。
底歩が利く局面でさえ指せない。
てかここを受けるタイミングがわからず対抗形放棄した意味もある。
ただその後の▲43飛車成~32角の展開を見てなるほどと思った。
漫然と飛車(しかも二枚)渡すのは怖いけどね・・・
この形なら飛車打ちに相当抵抗できるんですよね。
まぁ言葉ではわかっていても実戦的にはねー・・・ふぅ。。。


26手目 △32金
大山流の金使い( ・`ω・´)y─┛~~
ぶらぶらのコメント欄の棋譜はお勧めよ・
(1972年第31期名人戦第3局)

35手目 ▲37桂
『とりあえず右桂を使う』とのコメントだが・・・
この感覚は羽生名人もあると思う。
羽生さんも『この手指さないと将棋指した気がしない(全軍躍動)』
と言ってたことを聞いたことあり。
(佐藤丸山の棋聖戦での解説で・・・)
桂馬跳ねるのは傷になりやすいから形知らないと怖いんですけどね。
結果的に本譜では見事にさばけました。

61手目 ▲59銀打ち
(前述)

66手目 △13香
この段階で逃げるだけのこの1手は辛い。
森下はこの香の位置を考えての本譜の流れだろうが・・・
逆に振り飛車側が予め角筋避ける△12(13)香の重要さを感じられる。
でも△12香だとno.4みたいに飛車で取られるし・・・
△13香はそれはそれで問題あるし・・・難しいね

67手目 ▲43飛車成 (強手)
▲59銀打ちからの一連の構想。

69手目 ▲32角以下・・・
ここからは▲だけ指している印象、特に△の歩切れが痛いか。
形としては73図あたりで△15歩などが攻め筋なのだろうが・・・
(△15歩▲同歩△同香▲同香なら△18飛車・・・)
森下の46の角が急所に利きすぎている感じ。
75手目▲53桂成とこの桂馬が金と交換では勝負ありですな。

81手目 ▲55歩(軽手)
軽い感じで好きな手ですw
歩が自然(手順に)伸びる手・・・

87手目 ▲54桂(決め手)
△同香は▲54歩が味夏v-46すぐる・・・

まぁ以下はいいでしょう。笑

あ~ちなみにこの1つ前の▲森下△鈴木大介戦はたまたま知っててお気に入りの棋譜です。
志士さんにも紹介しちゃったくらい参考になる・・・
久しぶりに並べましたけど味先生も是非並べて・・・
&本企画でもpick upしましょう。

ブラ @ おかだまさん連勝止まる>。<






ブラ |  2009.07.25(土) 17:10 |  URL |  【コメント編集】

■どうもです~

ブラさん早速、どうもです~。これもだいぶ前に並べているんですが、感想後で書きますので、もうしばしお待ちくださいまし(仕事行かないといけないので、帰ってから書きまする)。▲森下△鈴木戦ていうのは早仕掛けのやつかな??今週のやつもう仕込んじゃってるので、来週取り上げさせてもらおうと思います~。

てか、ブラさんに感謝感激雨霰^^。
adinat0801 |  2009.07.26(日) 09:14 |  URL |  【コメント編集】

■②を並べてみた

というわけで、遅ればせながら、②の感想を書きます。忘れたのでもう一度並べなおしました。

居飛車棒銀vs後手△3二金型。

そもそも棒銀は私はやるのもやられるのも苦手なので、いろいろ勉強になりました。まず最初にこれはと思ったのは、▲3七桂。ブラさん同様、自分も跳ねるのを躊躇しますが、とりあえず跳ねとけ、ということなのですね。もちろん読みのこともあうだろうけれど、居飛車の右桂使えねば、というのは参考になります。

42手目△4三金は実は激指に解析させると疑問手と出たりします。ただ、プロ的には確かに味がいいんでしょうね。棒銀に備えていた金を守りに使うのだから。参考にしたい手でした。ここ周辺、△5六歩と取り込むのは、▲5四歩の返し技があるのですね。これは対三間飛車の急戦でもあったなあ、と思いました。忘れていたので勉強になりました。

45手目▲3五歩~銀交換して飛車を切ってしまったのは、やりすぎじゃないの、とも思いましたが、これが居飛車の手ですか。少なくとも▲3五歩はさすがだと思いました。棒銀、この銀が捌けなければいけませんものね。

54手目△4二金はよく分かりませんでした。飛車は取らすものなんですかね、自分では逃げてしまいたくなります。ただし、手順に美濃が完成という味もいいんですかね。

58手目の△4三角は狙いだったんでしょうか。この自陣角は私には打てません。居飛車の攻めを余してしまえば、振り飛車勝てる、ということだったんでしょうか。ただ、61手目の▲5九銀打には私もびっくりしました。すごい手ですね。△4三角だったから、それに対応して打った手なんでしょうか。咎めたという感じ?角手放してくれたので、自陣を二枚飛車も怖くないようにしておいて、飛車を切ってしまうという。

66手目は私も辛い手に見えましたけど、▲1一角成~馬を自陣に引かれるわけにも行かないところなんでしょうかね。なるほどと思いました。この後は確かに居飛車の攻めが切れないように感じました。プロ的には居飛車優勢なんでしょうね。

80手目△6四桂が怖い反撃。でも棋譜コメントにもありましたが、▲5五歩は何て強い手なんだ、と感激しました。86手目△6二金打、88手目△6三飛の受けは私にはよく分かりません。

93手目の▲5四金もちょっとびっくりしました。これも指せなかったです。自玉は大丈夫なんですね。何というか、フナ囲いの自玉でこんなにも耐久力があるとは!という感じでした。▲5九銀打すごかったなあと思いました。

投了図以下、私ならまだ自信がないところです。

いずれにせよ、私も▲5九銀打がいちばん印象に残った一局です。戦いながら固める指し方、学びたいです。あと、ブラさんの感想にあった、「自然に歩が伸びる」、これは私も勉強になったところです。歩の使える人ってとっても素敵=強い^^。
adinat0801 |  2009.07.28(火) 01:13 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/372-55869603

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。