2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.30 (Thu)

背伸び

最近、巷では『指さない将棋ファン』なんていうのが流行っているとかいないとか。しかしながら、将棋はやっぱり勝ってナンボのゲームだとも思うので、勝てないと面白くない。そして強い相手に勝つこそ、最高の喜びを感じるゲームだとも思う。というわけで、強くなるためにはどうすればいいか、と思い悩むこと数日、やはり棋譜並べ詰将棋だ、というところに行き着きました。そして詰パラに挑戦することになったわけです。とはいえ、初段にかすった程度の私にとってはこれは背伸びをしているようなもの、詰パラの手ごわさは想像以上でありました。購読開始してから3ヶ月程経過したので、これを機に少し反省をしてみたいと思います。

【More・・・】

詰パラをご存知のない方のために簡単にどんなものかを説明しておきます。一言で言うと、読者投稿型の月刊詰将棋雑誌です。将棋世界の詰将棋サロンを一冊の本にしたような感じです。内容は、答え付きの易しい詰将棋(3手~17手ぐらい?)が10数問、あとは懸賞付きの厄介な問題が、50問前後、その他、変則ルールの詰将棋、推理将棋、読み物などが載っています。

懸賞問題のメインは詰棋校というもので、レベル別に小学校(3・5・7手詰)5題、中学校(9・11手詰)5題、高等学校(13・15・17手詰)5題、短期大学(19~29手詰)5題、大学(31~49手詰)3題、大学院(51手以上)2題があります。この詰棋校の問題、なかなか手ごわい問題が揃っていて、実戦形の問題もあるにはありますが、多くは趣向を凝らせた問題で、合い駒問題や、そっぽへの開き王手、限定最遠打などなど、一筋縄でいかないものばかりです。

私は4月号~6月号まで、短大の問題1問を除いては小学校までしか挑戦したことがありませんでしたが、7月号は今までよりも少し頑張った甲斐もあって、何とか高校までクリアすることができました。詰マニアさんにとってはたぶんそんなに難しい訳ではないと思いますが、やはり私にとってはまだまだ難しすぎるようで、中学以上の問題は1問あたり1時間以上考えることがざらです。7月号は短大の問題も少しは解けたので、年内には大学や大学院の問題にもチャレンジしていきたいな、と思っています。それともう少し早く解けるようにしたいなとも思います。とはいえ、どの問題も解けたとき気持ちのいい問題が多く、作家さんたちはすごいなと思っています。ちなみに8月号の将棋世界で、初めて詰将棋サロンを全部解きました。手数で言うと、詰パラの中学校&高校をあわせた感じですが、基本的に形のよい実戦形がかなり好まれているような印象で、その点は個人的にはやや不満です。初手の手が広すぎる問題は私は嫌いですね。罠はあるけど、候補手は多くない、という作品が私レベルでも解図挑戦して楽しめるのでいいなと思っています。

詰パラ購読を始めてから、初めて知った推理将棋も毎月3題出題されています。5月号は10時間以上考えても1題も解けませんでしたが、6月号は2題解けました(1題はSRさんにあっさり先を越されてしまいましたが)。そして7月号はついに全題解けました。意外に推理将棋は得意なのかも知れないですね。
02:00  |  詰パラ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■詰めパラ

今から35年ほど前には、詰めパラを解いていたときもありましたが、難解でしたね。
当時は詰め将棋を作るのも好きでした。詰めパラではありませんが、近将だったか
将棋世界だったか、作品を応募したこともありました。(もちろん当選しませんでした)
最近は実戦の簡単な5手詰めほどの詰みもよく逃してしまいます。
ぼけ防止に将棋をやっている、今日この頃です。
keme |  2009.07.30(木) 12:48 |  URL |  【コメント編集】

■実戦は10倍ぐらい難しいです

創作問題の方が難しいのに、実戦詰将棋を実戦で詰ますのは本当に大変ですね。時間制限もあり、手数も不明、そもそも詰むか詰まないか判断できない、間違ったら負けてしまう・・・もろもろのプレッシャーと戦うので本当に大変ですよね。

何問か詰将棋私も作りましたが、なかなかまともな作品には仕上がらないですね。ずっと投稿されている方々は本当にすばらしいと思います。いつか私もいい作品が出来たら投稿してみたいです。
adinat0801 |  2009.07.31(金) 01:01 |  URL |  【コメント編集】

■私は

中学校中退だな。(笑)
頑張れば、高校までいけるはずだけど、それでも高校中退かもね。

短大から先は、問題を見る気すら起こりません。
Higashionna |  2009.08.02(日) 04:32 |  URL |  【コメント編集】

■高校は難しいです

中学、高校は難解作じゃなくて趣向作だと案外解けるかも、と最近思うようになりました。短大とか8月号こそは卒業したいですね。ただ、やる気がしない問題が多いというのも事実です。って、初手がもうまったく分からない問題とかですね。

って、東丼も詰めパラやっておられたんですか。
adinat0801 |  2009.08.02(日) 23:58 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/377-214f4342

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。