2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

寄せのメモ(その15)

yose30久々に良問が収穫できたので、寄せメモシリーズ復活です。上級タブトップの一戦から。今、後手が△4八歩としたところですが、ここは受けておかないといけないところでした。後手玉を寄せるには?1分で三段クラスだと思います。

【More・・・】

yose31正解は▲6一金(図)でした。退路封鎖一発です。

次に▲3四桂がありますが、△3二金なら▲3四桂△4一玉▲4三金ぐらいで必至、また△4三金も▲3四桂△同金▲4三金△3一玉▲3四馬で寄り。

yose32実戦は初手、▲4三桂としましたが、これもなかなか厳しい手。△3二金と受けるぐらいしかなさそうですが、そこで、▲3三金△同金▲4一金(図)以下必至がかかります。

図からは△3二玉▲3一桂成△2二玉▲4二金として、△4一角などなら、▲2一成桂△同玉▲3三馬で完全に必至です。ちなみにこの必至は、私は一目でしたが、無双五段+++や激指五段は読めないようです(六段は読めた)。AIは瞬殺でした。ソフトの必至はまだ発展途上のようですね。

ところが、▲4三桂には△2四角という受けがありました。▲2五歩などで一手一手と思われますが、▲6一金のほうが明快だと思います。ちなみに▲4三桂に△5三歩は▲5一金と打って寄るようです。また、初手▲5三桂も筋。△同銀しかありませんが、▲4三金△5一玉▲5三歩成から一手一手でしょう。準正解ということにしておきます。
02:00  |  寄せのメモ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■らしい結果。

▲6一金は第一感でしたが、その後がわかりませんでした。なんと簡単に詰むとは!詰め将棋力弱すぎ!で、解答は▲4三金△5一玉と決めて▲5三桂と打ちました。玉は身動きが取れず、これもかなりの筋のようです。無双君判定+1600です。

しかしジワッと寄せるのはできて▲3四桂からの簡単な詰みが読めないとは、自分らしいとしか言いようがありません。一手争いの対人戦のことを考えると、ここを鍛えるのが自分の場合一番効果的かな・・対ソフトは勿論、相穴熊や相振りのような戦型は一方的な戦いになりやすく、あまり実戦でも鍛える機会がないですね。
SR |  2009.08.01(土) 02:31 |  URL |  【コメント編集】

■なるほどです

そっかあ、いい問題かと思ったのですが、そうでもなかったですか。案外いろんな筋で必至がかかるんですね。▲4三金△5一玉▲5三桂にはたぶん△同銀しかなくて、そうすると初手▲5三桂と同じですね。以下、▲同歩成△同歩▲同馬△6二金▲7一金ぐらいで勝ちですか。これも一手一手ですね。

実はこれ1550同士ぐらいの15分将棋の一局なのですが、このあともつれて後手勝ちになったんですよね。まあこれだけいろいろより筋があるところですが、逃してしまうとおかしくなるわけですから、決めるところは決めれるようになりたいなと思っています。

ちなみに実戦は、記事にも書きましたが▲4三桂△3二金と進んでいて、ここで▲3三金なら勝ちでしたが、▲5八金と緩んでしまい、以下△4三金▲1一馬と進んでいます。
adinat0801 |  2009.08.01(土) 07:17 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/380-d6b30bcf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。