2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.29 (Tue)

棋譜並べをしましょう(3週目)

週にたった3局と言えど、なかなか大変だな、と思い始めてきた棋譜並べ。でもダイゴロウちゃんと一緒にがんばるどー。

今週は藤井システム特集で四間飛車の対抗形を2局入れてみました。相居飛車は横歩取り△8五飛から。先手の居玉が少し変わった工夫なのかな、と思いました。

【More・・・】


開始日時:2007/11/21(水) 00:00:00
先手:阿久津主税
後手:野月浩貴
棋戦:王座戦
戦型:横歩取り
手合割:平手

▲2六歩  △8四歩  ▲7六歩  △3二金  ▲7八金  △3四歩  
▲2五歩  △8五歩  ▲2四歩  △同 歩  ▲同 飛  △8六歩  
▲同 歩  △同 飛  ▲3四飛  △3三角  ▲3六飛  △4一玉  
▲8七歩  △8五飛  ▲2六飛  △2二銀  ▲4八銀  △5一金  
▲3六歩  △6二銀  ▲3七桂  △7四歩  ▲3三角成 △同 桂  
▲3五歩  △4四角  ▲3六飛  △4五桂  ▲同 桂  △同 飛  
▲4六歩  △8五飛  ▲7七桂  △3五飛  ▲同 飛  △同 角  
▲3三歩  △同 銀  ▲4五桂  △2九飛  ▲3三桂成 △同 金  
▲3四歩  △同 金  ▲5六角  △2四飛成 ▲3四角  △同 竜  
▲2一飛  △5二玉  ▲1一飛成 △3六桂  ▲2二竜  △3二歩  
▲3七香  △4八桂成 ▲同 金  △1五角  ▲3八金打 △2五桂  
▲3五香  △同 竜  ▲6九玉  △3六香  ▲2七桂  △3三竜  
▲同 竜  △同 角  ▲6八銀  △2九飛  ▲5九銀打 △3八香成 
▲同 金  △1九飛成 ▲3六香  △4四角  ▲3五桂  △4一香  
▲2四飛  △6一玉  ▲2五飛  △4九竜  ▲4八金  △3九竜  
▲2一飛成 △3六竜  ▲2三桂成 △7五歩  ▲3二成桂 △3一歩  
▲同 竜  △7六歩  ▲3七歩  △7七歩成 ▲3六歩  △7八と  
▲同 玉  △7二香  ▲7三歩  △同 香  ▲6九玉  
 まで、107手で先手勝ち


開始日時:2002/08/06(火) 10:00:00
先手:藤井 猛
後手:佐藤康光
棋戦:王座戦
戦型:四間飛車
手合割:平手

▲7六歩  △8四歩  ▲1六歩  △3四歩  ▲6六歩  △6二銀  
▲6八飛  △4二玉  ▲1五歩  △3二玉  ▲7八銀  △5四歩  
▲6七銀  △5二金右 ▲3八銀  △5三銀  ▲5八金左 △3三角  
▲4六歩  △4四歩  ▲3六歩  △4三金  ▲3七桂  △8五歩  
▲7七角  △2二玉  ▲6五歩  △3二金  ▲4七銀  △4二角  
▲4五歩  △1二玉  ▲4六銀  △4五歩  ▲1四歩  △同 歩  
▲同 香  △1三歩  ▲同香成  △同 桂  ▲1四歩  △4六歩  
▲1三歩成 △2一玉  ▲1一角成 △同 玉  ▲1四香  △2二金  
▲2三と  △1二歩  ▲1三歩  △同 歩  ▲同香成  △同 金  
▲同 と  △1二歩  ▲2三桂  △2一玉  ▲3一桂成 △同 玉  
▲2三と  △1五角  ▲6四歩  △同 歩  ▲6二歩  △同 飛  
▲6三銀  △8二飛  ▲6二歩  △4一玉  ▲6一歩成 △2一香  
▲3二金  △同 飛  ▲5一と  △3一玉  ▲3二と  △同 玉  
▲5二銀不成△4二金  ▲4一銀成 △3七角成 ▲4八金上 △1五馬  
▲4二成銀 △同 銀  ▲5二と  △7九銀  ▲4五飛  △6八銀成 
▲同 玉  △1九飛  ▲4一銀  △2三玉  ▲4二と  △7九銀  
▲7八玉  △7七香  ▲同 玉  △8八角  ▲7八玉  △6八金  
 まで、102手で後手勝ち


開始日時:2000/08/29(火) 00:00:00
先手:田中寅彦
後手:谷川浩司
棋戦:順位戦
戦型:四間飛車
手合割:平手

▲7六歩  △3四歩  ▲2六歩  △4四歩  ▲4八銀  △3二銀  
▲5六歩  △4二飛  ▲6八玉  △7二銀  ▲7八玉  △5二金左 
▲7七角  △3三角  ▲5七銀  △6四歩  ▲8八玉  △7四歩  
▲9八香  △7三桂  ▲9九玉  △9四歩  ▲6八角  △4五歩  
▲8八銀  △9五歩  ▲6六銀  △8五桂  ▲7八金  △6五歩  
▲同 銀  △9七桂成 ▲同 香  △9六歩  ▲同 香  △同 香  
▲9七歩  △同香成  ▲同 桂  △9六歩  ▲9八歩  △9七歩成 
▲同 歩  △6二香  ▲6四桂  △7三銀  ▲5二桂成 △同 金  
▲6六香  △6四歩  ▲同 銀  △同 香  ▲同 香  △同 銀  
▲6六香  △6五香  ▲8六角  △7五歩  ▲7四金  △6三銀  
▲6五香  △同 銀  ▲7五金  △7四銀引 ▲同 金  △同 銀  
▲5五歩  △6三金打 ▲6六香  △8四香  ▲6三香成 △同 銀  
▲7五角  △7二香  ▲6六角  △7四桂  ▲7五角  △4六歩  
▲8二金  △4七歩成 ▲8三金  △3七と  ▲8四角  △4一玉  
▲4三歩  △同 飛  ▲4四歩  △同 飛  ▲4五歩  △同 飛  
▲4八香  △同 と  ▲3七桂  △4二飛  ▲4八飛  △4六香  
▲4三歩  △同 飛  ▲4四歩  △同 飛  ▲7二金  △4八香成 
▲4五香  △4九成香 ▲4四香  △3一玉  ▲7三角成 △4八飛  
▲8一飛  △4一歩  ▲8九銀  △4四角  ▲6二金  △7七歩  
▲同 金  △6五桂  ▲7八金  △7七香  ▲5二金  △同 銀  
▲7四馬  △7八香成 ▲同 銀  △同飛成  ▲7九金  △9八歩  
▲同 玉  △8九銀  ▲同 金  △同 竜  ▲同 玉  △7八金  
▲同 玉  △6八金  ▲同 玉  △3五角  ▲7八玉  △7九金  
 まで、138手で後手勝ち
23:30  |  棋譜並べ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

こん~
とりあえず①並べました。


31手目▲3五歩はたぶん定跡手で、基本的な筋の軽手だと思うんですけど私はこういうのが指せないんですよね。。。だいたいいつも▲8八銀とかして終盤壁に泣きますね(笑)勉強、勉強φ(.. )メモメモ
△4四角が一瞬怖いですけど、△9九角成は▲7七桂で次の▲3六歩が厳しいからいいってことかな?

38手目△8五飛と▲7七桂の交換はどうなんですかね?単に飛車交換するのとどっちが得なのか・・・・なぞ。。退路封鎖と、7六が将来傷になる分得っていう意味なのかな?

なんとなく陣形的に飛車交換は後手がいいように思うけど、先手も右から攻めれば相当なんですね。43手目▲3三歩~▲44歩で金銀がぼろぼろですもんね。このあたりの手の作り方は真似したいのぅ。。

56手目は△5二玉にかえて△3一歩はだめなのかな?なんか5二逃げても将来7二で縛られてたりしそうだしなんとなく打っておきたいけど。。。攻めに使いたいからかな。違うか。ここは良くわからなかったですねぇ・・・

69手目▲6九玉、75手目▲6八銀、この2手は本譜で私が一番学びたいなぁと思った手ですね。受けですが、こういう早逃げとか懐を広げる手の感覚と言うか、呼吸は少しでも体得したいですなぁ。。。

83手目▲3五桂は気持ちいい感じですねぇ。2七のときは急所の△1五角出を防いで、角が逃げたら今度は攻めですもんね。たぶん2七桂のときからの構想なんでしょうけど、受けながら攻めるという感覚も身に付けたいですね・・・

93手目▲2七桂成。私ならあわてて4三になりそうだけど(笑)終盤の駒の足りる足りない、速度計算大事ですなぁ。。。

最後は7七で受けると、精算して下から縛られると意外とやばいのかな・・・こういうところで落ち着いて玉引ける人になりたいなぁ。

とまぁまた訳も分からず並べてみたり、みなかったり。


なんだかんだで3週目ですな~って私は毎週二個しかやってないけどwでも今週はしっかり三つやりたいと思います。
土日に、藤井システム特集やりたいと思います。ではでは~(*´-`*)ノ
だいごろう |  2008.07.31(木) 21:31 |  URL |  【コメント編集】

■おは~

②もなんとなくですが、並べてみました。

31手目▲4五歩。私はもうこの局面でいつも居飛車持っててとっても嫌な感じなんですよね。角筋恐怖症なので(笑)まぁ難しいんでしょうけど。。。

33手目▲4六銀は定跡をまったく知らないので、よく分からないんですけど、力をためる面白い手だと思いました。△4五歩のときに銀にあたるのが微妙かと思ったんですが銀が上がったからこそ、後手が△4五歩とするっていうのもあるのかな・・・どうなのかな・・・
ここで▲4四歩と取り込むのは同銀でなんでもなさそうですかね?米長玉素敵・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:

45手目▲1一角成から、細い攻めと、難しい受けの好防ですが参考になりますなぁ。▲2三ととか▲1三歩とかこういう細かいところでポイント稼ぐの大事ですなぁ。私おおざっぱすぎるから(ι´・ω・`;)...ンー
でも角切ってるからしっかり受けれれば、後手がいい感じなのかな?どうなのかな?

63手目▲6四歩は本譜私が一番勉強したいと思った手でしたφ(.. )メモメモ 銀打ちの空間を作っておいて、捨て歩で大駒を近づけておいて内側で止める。この流れは見てて綺麗だなぁと思いました。

72手目△2一香は催促なのかな??ゆっくりしてて早逃げされて、6八飛車とか3七の桂馬とか活用されたら困るかな?でももうここは先手切れ模様??うーん(-_-)zz

最後は飛車打ったときからしっかり△7七香まで読めるようになりたいですなぁ私ならなんか6五桂とかしばって怪しくする自信がありますなぁ(笑)

とまぁまたしてもよくわからん棋譜並べでした。。
だいごろう |  2008.08.03(日) 08:57 |  URL |  【コメント編集】

■おは~(*´-`*)ノ

③です。どうやら今日はハチミツの日、ハサミの日らしいですな。関係ないけど(笑)

21手目▲9九玉は、なんかここは確か本で後手が64歩、74歩、73桂型のときは▲6六歩と突くしかないと勉強した気がするのですが、どうなんでしょうね。。。本譜は次△9四歩でしたが、もし△6五桂とされると困ってないのかな。。。どうなのかな(ι´・ω・`;)...ンー▲6六角で問題ないのかな。。ここはちょっと分からないところでした。

45手目▲6四桂と駒を使って攻めながら受けましたけど、ここ▲7四銀とかかわすと、△4四飛車とか捌かれてよくないってことなのかな?どうなのかな???

60手目△6三銀とか、68手目△6三金打ちとかは、私は学びたい手ですなぁ。。。私の場合どっちかというと駒をケチって潰されることが多いので(だって貧乏性なんだもん(泣))しっかり投入するところは投入して、がっちり受けるかどうかの判断がしっかりできるようになりたいですね。。。

79手目▲8二金は並べてみると、後手居玉なのでそこまで遅いっていう感じでもなかったですが、やっぱりこんなところに金打つようじゃ、もう先手が良いのかな?どうなのかな??

85手目▲4三歩~▲4八香はすごかったですなぁ、香を只捨てして桂の活用をはかると。。。ただ二回目の歩の連打のときに一歩足りないっぽかったのが残念でしたかね?でも▲4八香はなんだかかっこいい手でした。

114手目△7七歩が決め手?引いても同じく△6五桂でだめなのかな・・・最後も竜逃げずに詰ますんですなぁ・・・勉強勉強φ(.. )メモメモ

そんなこんなです。どんなだw

そういえばあじあじ忙しそうなので、メールしておいたよ~チェックしてね(*´-`*)ノ
だいごろう |  2008.08.03(日) 08:58 |  URL |  【コメント編集】

■①を並べてみた

遅ればせながら①を並べたときの感想を書いてみます。だいぶ前に並べていたものの、感想文書くのが少し億劫になっていました。

横歩取り△8五飛戦法から。最近は先手の対策も進み、すべての変化に対応できる自信がないと後手を持って指しこなすのは難しいといわれている(?)△8五飛戦法です。といっても私は横歩そのものすら指したことがないのでよく分からない。

後手は中原囲い。先手は▲4八銀だけで居玉のまま▲3六歩~▲3七桂としたのが工夫?

開戦後、32手目の△4四角、33手目の▲3六飛、34手目△4五桂あたりは派手さはないけど渋い押収だと思った。お互いうまく捌いていると思う。38手目いったん△8五飛で桂を跳ねさせたが、やはり跳ねさせた方が得なのだろうか。損得がいまいちはっきりしないな、と思った。

43手目の▲3三歩から次の▲4五桂はこう攻めるものなのかあ、と思った。自分なら飛車を打ってしまいたくなりそうだ。50手目は素直に△同金として角を打たせた。拠点を残してはいけないのだろうと思った。あっさり角を切ったが、やや先手の攻めが細くて、ここあたりは後手が少しいいのではないか、と思った。

65手目▲3八金打、69手目▲6九玉はさすがだなと感心した手。もったいないようだけど、しっかり受けて、そして早逃げ。さらに75手目▲6八銀~77手目▲5九銀打で先手がだいぶ寄らなくなった。ここは先手が少しいいのだと思った。

83手目の▲3五桂が意外に厳しいのだな、と思った。後手△4一香と受けないといけないのでは苦しいのかな。そして次の▲2四飛が本局一番参考になった手。平凡な両取りだけど、桂を取って相当先手が指しやすくなったと感じた。

105手目、ここに香を持ってくるほうが寄せやすくなるのだろう。なるほどな手だと思った。

>>だいごろう君
56手目、△5二玉にかえての△3一歩は私もよく分からなかったです。縛られる恐れはあるけれど、やはり右辺の方が安全だ、ということなのでしょうか。
adinat |  2008.08.04(月) 21:15 |  URL |  【コメント編集】

■②を並べてみた

これもだいぶ前に並べてはいたのだけど、遅ればせながら感想を。

先手藤井システム。居玉で猛攻バージョン。29手目は藤井システムのひとつの形だと思うけど、あまり真似は出来ないなあ、と思わせる銀上がり。飛を回る含みもあるのでしょう、たぶん。30手目の△4二角はこうするところなのか。コビンが怖いような気もするが。攻めさせてみようということなんかな。

31手目▲4五歩で開戦。33手目▲4六銀は美濃の右銀を攻めに使うという、知らないとすごい手だなと思う。この銀を犠牲にここから端攻めがすごい。個人的には切れていると思うのだが、51手目▲1三歩が細かい合わせだな、と思った。

63手目▲6四歩、65手目▲6二歩、67手目▲6三銀の手筋連発はとても参考になった。もう投了級に切れているのかと思ったが、とても細いながらもなかなか切れないなのだなと感心した。70手目△4一玉、72手目△2一香は冷静な手だなと感心した。

最後は綺麗に先手玉を寄せきったな、と思った。ずっと先手が攻め続けていたけど、やはりそんな簡単にはつぶれないよな、と思った一局。切れはしたけど、先手の攻めは参考になるところが多かった。

adinat |  2008.08.04(月) 21:24 |  URL |  【コメント編集】

■③を並べてみた

出勤前に③を並べてみました。遅ればせながら感想を。後手藤井システムです。この将棋は並べていてとても面白かったです。

まずはダイゴロウ君同様、21手目が引っかかりました。△6五桂が見えるからですが、それには▲9五角が王手になって、銀も角も両方逃げられそうです。差がつくほどでもないと思うけど、▲4八銀~桂を捕獲しにくる手も見えて、やはり居飛穴側の誘いなんでしょうね。さすがに▲6六角では居飛車早速不利だと思います。というわけで、角出を消す△9四歩なのでしょう。

32手目以降はよくありそうな仕掛け。この後の中盤戦の攻防が特に面白かった。まず44手目△6二香。そしてそれでも▲6四桂。49手目の▲6六香も自分では指せないと思うけど、いい手だなあと感じた。58手目△7五歩は手筋。とても参考になる。そしてその次の59手目▲7四金~63手目▲7五金がさすがプロだなと思った。7六の地点に空間が開くと、穴熊は相当弱体化しそう。かと言って、歩が進んでくるのも困る。そこで金で歩を取りに行ったのだと思った。違うかも知れないけど。

67手目は取れば5筋に香か。こうやって角道を遮断してく手筋?68手目はもったいないような感じもする金打ち。香と交換になったけど、銀を引き付けて、香も貴重な戦力ということなのか。79手目▲8二金は私もぬるいように感じたけれど、かといって他の攻めも難しいのかなと思った。

85手目以降は迫力の展開だった。そして106手目△3一玉がまた参考になった手。単に香を取るより、こうやって安全な位置に移動することの方がより重要なのだと思う。そして余裕を得てから112手目△4四角としたのは、とても素晴らしいと思った。自分もこういう指し方が出来るようになりたい。

収束はさすが光速の寄せだと思う。投了図以下△同銀▲7七歩にどこに逃げても▲7九馬。
adinat |  2008.08.05(火) 08:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adinat.blog61.fc2.com/tb.php/90-ed6473af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。